『怪盗グルーの月泥棒』

b0070657_15514725.jpg
朝から厚い雲が空を覆い、暗い天気になった。テレビとビデオを見て過ごす。組の会計を整理し、決算結果をプリントアウトする。昼食は甲府イオンのリンガーハットで長崎皿うどんを摂る。博多皿うどんと違ってかた焼きそばに長崎ちゃんぽんにかけるたれを注ぐもの。フードコートにあるが、いろいろ食べられて楽しい。ホノルルのアラモアナショッピングセンターのフードセンターに比べて静かで良い。ペットショップで子犬を見てくる。チワワ、ダックスフンド、プードル、マルチーズに人気がある。商談も次々に成立していた。24日に西湖・野鳥公園で撮った富士山をアップする。今日見たビデオは『怪盗グルーの月泥棒 3D』 アニメーション 2010年 アメリカ 。ユニバーサル初の3Dアニメは、史上最悪の悪人を目指す怪盗・グルーと、身寄りのない三姉妹の心の交流を描いた物語。偽悪的に生きてきた男が、けなげに助け合って生きる三姉妹の世話をしていくうちに、父性に目覚めていくのだ。グルーと三姉妹の心の交流が物語の横軸だとすれば、縦軸はグルーの見せる“怪盗”としての魅力だ。バナナから生まれた部下のミニオンたちと、マッド・サイエンティストの作った奇妙な秘密兵器を華麗に駆使し、グルーは空に浮かぶ月を盗むというミッションに挑む。日本語吹替版でグルーの声を担当した笑福亭鶴瓶の関西弁も、意外にもグルーにマッチしている。ある日、エジプトの大ピラミッドが盗まれ、ピラミット型バルーンに置き換えられていた。世界的なニュースとなるが“世紀の悪党”を目指す怪盗グルーには寝耳に水。彼らは、冷凍光線で人々を凍らせて動けなくして金をとると言う悪行を続けていた。そこで名誉挽回とばかりにグルーと彼の仲間、バナナで作られたロボット・ミニオンたちは月を盗む計画を立てる。まず、なんでも小さくすることができる縮ませ光線銃を作る計画を立てる。何処で、悪徳銀行へ行き、融資を頼むが断られる。そこで東南アジアの秘密研究施設から縮ませ光線銃を盗み出す。ロケットで宇宙へ行き、月にその光線を浴びせ小さくして地球に持ち帰るという作戦だ。ところが、グルーたちは一度盗んだ光線銃を、ライバルのベクターに奪われてしまう。ベクターの基地に侵入しようとするが強固の施設で歯が立たない。そんな中、養護施設で暮らすマーゴ、イディス、アグネスの三姉妹が売りに来たクッキーを、ベクターが喜んで買うのを見たグルーは、この三人を養女に引き取り、彼女たちを利用してベクターの要塞に忍び込もうと考える。職業は歯医者だと偽って申請して里親になることができた。かくして作戦は見事成功、グルーは縮み光線銃を取り戻し、後はロケットを作って月へと飛び立つだけとなった。だが、三姉妹を遊園地に連れて行ったり、バレーのレッスンに同行したり、寝床で本を読んであげているうちに、グルーが三姉妹に対し愛情を覚え、計画の実現に暗雲が漂い始めたそ。さらに、銀行に融資を断られたことを知った三姉妹は貯金をベクターに送り、ミニオン達も資金を拠出して、協力を申し出た。その時、それを察した仲間のネファリオ博士が三人を施設に帰してしまう。おかげで月泥棒は大成功。月は縮ませ光線銃で野球ボールの大きさになっ手しまった。ところが、宇宙に行っている間にベクターが三姉妹を誘拐したことを知ったグルーは、三人を取り戻すため、盗んだ月をベクターに渡そうと決意し、月はベクターのところへ渡され、三姉妹は戻ってくる。しかし、縮み光線銃の効果は、もともと大きい物ほど元への戻りが早いことを知らなかった。ベクターは大きくなった月に押し潰されてしまった。そして、月は元の場所に戻ってしまった。三姉妹はベクターやバナナロボットたちにバレーを披露する。そのうち舞台はロックのダンス会場に変わり、ベクターやロボットも一緒に舞台へ上がり一緒にダンスに興ずる所でエンディング。軽く楽しめた。
[PR]
by kittajp | 2011-05-07 15:51 | 富士山 | Comments(0)
<< 河川清掃の日 屁っぴり腰 >>