うたた寝

b0070657_16103141.jpg
最低気温7.6度、最高気温15.5度、湿度40%。一日中薄曇りで周りの山は全く見えない。首の痛みは少し減っただけ。血圧も、塩分減量の努力にもかかわらず、少ししか下がって来ない。147/79と張り合いが無い。昨夜は、ホワイトデーに高価な物をいただいて有難うと言う電話があった。7時半だった。でも、その電話に気付かなかったのは、うたた寝をしていたからだろう。娘に泥棒に入られても分からないだろうと言われるほど、とんでもない時間にうたた寝で熟睡してしまう。気付いたのは、今朝、留守番電話にメッセージが入っていたいたからだ。しかし、体力が無くなっているのか、良く眠る。と言うより、横にならないと辛くて、次の行動に移れない。そこで、横になると眠ってしまうと言う段取りになる。横になると首と肩の痛みが取れる。なので、横になる機会が増える。隣に住んでいた伯母は、90過ぎまで生きていたが、60歳ごろから、良く横になっていた。足が冷えると愚痴っていたが、それ以上に横になる時間が多かった。老化現象の始まりだと見ていたが、今は、自分がその立場にあると、懐かしく思い出される。昼食はイオンモールの大戸屋で「大戸屋風ばくだん丼:まぐろ4枚盛り」975円、569kcal 塩分:2.5gを取る。スターバックスでは大きな壁画を壁いっぱいに描いた。草原の景色で良いでしょうと言っていたが、昔の銭湯の富士山を連想させた。良く見たら、大幅なレイアウトの変更をしていた。大きなテーブルが2個無くなり、ソファーに変わった。座席数の減少に見える。お持ち帰りが多いので、それで良いのかも知れない。固い椅子席が少なくなったのは、床ずれ経験者の私としてはありがたい。5日に山中湖で撮った富士山をアップする。




[PR]
by kittajp | 2017-03-14 16:11 | 頸椎症 | Comments(0)
<< 花粉症に、じゃばら 血圧が下がった >>