医大受診

b0070657_16480388.jpg
最低気温21.6度、最高気温29.4度、湿度60%。朝の血圧は136/69。昨夜は気温が下がり、良く眠れた。台風のお陰で涼しくなった。夕方から激しい雨が降ったが、10時ごろには止んでいた。今日は午前中は日が出ていたが、午後からは曇っていた。8時半に医大に向かう。9時に医大の中央採血室に着く。30分待ちの表示が出ていたが、15分位待って順番が来た。泌尿器科に予約票を提出して、食堂「つどい」で「冷やし中華」680円を取る。塩分が強すぎ、醬油を食べている感じだった。続いてスターバックスへ行き予約時間の10時半まで時間を潰す。診察室に呼ばれたのは11時過ぎだった。先ず、29日に行った骨シンチ検査と、CT検査について報告が有った。「骨は異常無し、しかし、リンパ節が大きくなっている。PSAが上がっているのは、リンパ節が原因だ。新しい薬に代えますか?」と聞いてきた。そこで、私は、「抗がん剤は死んでも嫌だ」と、否定した。担当医は、「PSAが前回の57.000から67.400に上がったのが気がかりですが、もう少し、このままで様子を見ましょう」と言う事になった。また「患者さんは、前立腺ガンのことについて良く知っているので、患者さんの意見に従います」とも言ったが、何を意味するか理解できなかった。おまけに、いつも貰う、検査報告書が資料の中に入っていないで、大きなミスをして仕舞った。ヘモグロビン量は順調に増えていると言うコメントは有った。したがって、薬は先月と同じで、イクスタンジは止めている。最近、院内にオープンしたローソンを見た。入院に必要な衣類関係が従来の売店より少なくなった。身体が動くようになったので、久しぶりに掃除をした。今日、医大で食べた「冷やし中華」をアップする。



[PR]
by kittajp | 2017-07-05 16:48 | 前立腺がん | Comments(0)
<< フスマの張替え 町立病院受診 >>