2011年 05月 01日 ( 1 )

『狼たちの報酬』

b0070657_1559143.jpg
朝から雨が降っている。今日は娘夫婦が東京へ買い物に出かけた。一緒に行くかと、誘われたが、雨のために土壇場でおことわりした。8時に出かけたので9時半ごろには着くだろう。お買い物と言うと東京なので、地方の百貨店の経営が難しいことが良くわかる。昨日、六郷から貰った柏餅と筍で朝食にする。柏餅は端午の節句を、知らせてくれる。筍は春の香りを運んでくれる。昭和の日に、旧富沢町で開かれたたけのこ祭りでたくさん貰ってきたことを思い出す。昼食は甲府イオンへ行く。駐車場は一杯で臨時駐車場に案内される。レストランは何処も長い行列。大戸屋でさえ長い行列ができている。でも、唯一行列ができないお店、「かかし」で鯖鮨天ざるそばを摂る。帰宅直後、酷い横殴りの雨が30分ほど続く。東京へ出かけなくて正解だった。今日は出かける時に、清里で買ったフェールラーベンのジャケットを着てみた。ポケットが多く、ハワイへ行く時に合うかもしれないと思った。今日は、ビデオを見る。昨日、精進湖で撮った富士山と桜をアップする。今日見たビデオは『狼たちの報酬 THE AIR I BREATHE』2007 サスペンス メキシコ・アメリカ。生真面目な銀行員ハピネスは…偶然、トイレで競馬の八百長レースの話を耳にし、多額の金を、カードで掛けてしまうのだが、思わぬ番狂わせがあり、フィンガーズと呼ばれる裏社会のボスに捕まってしまいリンチを受けながら返済の確約を迫られる。一時的に解放されたところへ、フィンガーズの部下のプレジャーが来て拳銃を置いていく。その拳銃を持ってハピネスは銀行強盗を働き、現金を奪って屋上まで逃げるが、そこで現金が入ったカバンを放り投げて飛び降りる瞬間、狙撃警官隊に打ち殺される。一方、フィンガーズの元で働いているプレジャーは、数秒先の未来が見えるという特殊能力の持ち主。その能力でボスの信頼を受け、株や競馬で儲けさせていた。また、町のお店からみかじめ料を集めて歩くことを仕事にしていた。フィンガーズとは指を鳴らすだけで皆が動くので、名付けられた。プレジャーはフィンガーズの甥っ子や、フィンガーズがマネジメント業に乗り出した新進気鋭のポップスター、トリスタンの面倒を見るように命じられるのだが、未来察知能力がなくなったとたん、トリスタンと愛し合う仲になる。彼はトリスタンを自分のアパートに隠すが、ある日、電話に出てしまい隠れ家がバレテしまう。そこへ帰ってきたプレジャーはフィンガーに命を奪われる。しかし、その後トリスタンはマネージャーの手助けで、逃亡を企てる。一方、医師のラブは、学生時代に付き合いがあり、現在は親友の妻となっているジーナに今でも想いを寄せていたのだが、そのジーナがヘビに噛まれ命の危険が迫っていた!彼女を助けるには特殊な血液が必要なのだが、その血液はトリスタンが適合する。現実に悲観したトリスタンが病院の屋上から 飛び降りようとしているところへ、医師のラブが間に合い助けて、血液を提供してもらう。トリスタンが病院から出た途端、車の上に、銀行員ハピネスが投げた現金入りのバッグが落ちてきた。トリスタンは、そのかばんを持って空港を歩いているところでエンディング。SF調のサスペンスで、アメリカのヤクザの世界を見せて面白かった。
[PR]
by kittajp | 2011-05-01 15:59 | 富士山 | Comments(0)