2017年 04月 19日 ( 1 )

医大受診

b0070657_15584906.jpg
最低気温11.3度、最高気温22.9度、湿度20%。朝、小雨が降ったが直ぐに止んだ。昼は典型的な五月晴れ。なのに、医大の受診日なので家を8時半に出かける。採血は9時20分に終わったが、診察時間は11時になっていた。医大の近辺を散歩がてら歩くが、直ぐに疲れる。スターバックスで、早昼飯を食べて時間を潰す。11時に診察室の前で待つが。呼ばれたのは、12時だった。先ず、体調はどうですか?と聞いてきた。そこで、どうも、昨年の10月頃から悪くなって、寒さの所為かと思っていましたが、回復していません、と答えた。担当医は、赤血球が昨年の10月から減っていて、回復する気配がありません。息切れが生じているはずです、疲れません青?と言って、ヘモグロビンとヘマトクリットの昨年8月からのグラフをプリントアウトした。そこで、疲れが早く来るような気がします、と答えた。薬の所為だと思いますが、無理な行動をしないでください、と言われた。確かに、この間、ヘモグロビンは40.8から30.7へ、ヘマトクリットは13.4から9.8に下がっている。薬を変えますか?と聞かれたが、利用できる薬は限られているので返事をしなかった。次に、PSAのグラフを見せてくれた。少し上がっていますが、薬は効いているようです。前回の51.650から59.990と上がっているけど薬が効いてるようです。どうしますか?と聞いてきた。入院がありますが、カバジタキセルにしますか?と聞いてきた。そこで直ちに、今の薬を続けますと答えた。それでは、今のイクスタンジで頑張って下さい。次は5月24日の11時でよろしいですかと聞かれ、それを了承した。ランマークの注射をして終わる。会計に行ったら、処方箋が1枚足りないと言って待たされ、薬局へ行ったら、問屋さんに注文したところだと言い、方々で、散々待たされた。芳しくない診察結果だが致し方ない。13日に西湖で撮った富士山をアップする。



[PR]
by kittajp | 2017-04-19 15:59 | 去勢抵抗性前立腺がん | Comments(0)