カテゴリ:八ヶ岳( 96 )

千成寿司・「ぼんやりの時間」

b0070657_11431441.jpg
今日も暑い日が続く。10時には家の中でも汗が出てくる。お腹の調子が悪いが、常備薬を飲まなければならないので、無理してご飯を食べる。DVDを見る。午後からは町立図書館へ涼みに行く。夜は、甲府の千成寿司へお寿司を食べに行く予定。甲府でカウンターの寿司を食べるのは10年ぶり位になる。懐かしくなって行く気になったもの。甲府では老舗のお寿司屋さんで、女房が元気だったころは良く行っていた。カウンターでの寿司は東京では銀座の久兵衛に良く行っていたが、久し振りだ。体調は良くないが、娘に約束してあったので行くことにした。「ぼんやりの時間」を読んだのでアップする。私の性格に良く合っている本だと思った。辰濃和男著 で岩波新書に収められている。森や闇や静けさを失った人間は、当然のことながら、ぼんやりできる空間、時間を失い、とめどない心の打撃を受けている。心の破壊に追いつめられている。串田孫一は「ぼんやりしているのは人間に非常に大切な貴い時間である。必ず貯えられているものがある」とぼんやりの効用と仕方を紹介している。ゆったりとした気分になり、肩の力を抜き、深呼吸をしながら、ぼんやりしていることが、快い状態になる、と言う。池波正太郎は散歩の効用を語る。散歩していて、何かの拍子に、パッと仕事の構想が浮かんでくる。くる。頭の中を一瞬通り過ぎる幻影のように。と言う。歩くこと、ぼんやりする事は、ときに、信じられないほどの力で、人に「安らぎ」を与えてくれる。ぼんやりしているとき、心が解放されている。心が解放されていると、空は本来の空として見えてくる。深沢七郎は「ぼーっとして生きる」ことが好きだった。「とにかくただぼーっと生きることだよ。とにかく漠然と生きることだよ。川の水が流れるように、何も考えず、何もしないで生きることことこそ人間の生き方と思うね。」と言う。無駄な時間をいくら重ねても何の稼ぎにもならない、何の稼ぎにもならないことに時間を費やすのは愚の骨頂ではないか。でも、一見無駄に見える時間のなかに、実は大切な役割を果たしているものが沢山ある。街をぶらつく。夕焼けを眺める。虫の声を聞く。雲を見る。星を仰ぐ。雑談をする。そういう無駄に見える時間を重ねるところに、生活の厚みとか深みとか、そういうものが育ってくる。沢山の無駄な時間の集積こそが、実は、暮らしを豊かにする潜在的な力を持つ。「人間が時間を節約すればするほど、生活はやせほそって、なくなってしまう。人はそれぞれの居場所を持っている。そして、それぞれのさらに、いい居場所を求めて生きている。たった独りで、長い間気持良くぼんやりできる場所であれば、そこはもう、あなたの居場所だ。人は日常の世界から非日常の世界に空間移動することで、心身の欝屈に風穴をあけることができる。居場所とは「質のいいぼんやり時間」を約束してくれるところだ。また、ぼんやりとした時間を過ごすために、静寂と温泉の効用をを説く。最後に、「ぼんやり」と響き合う一文字として、闇、独、閑、懶をあげて、それぞれコメントしている。例えば、怠についてバートランド・ラッセルの「怠惰への賛歌」と言う論文を紹介している。少数の特権階級は他人の労働のおかげで沢山の閑な時間を享受している。自分達だけの快適な閑を守るためにも「働く事は大事な事」といい続けてきた。働く事でくたくたになっていては、楽しみは受け身のものになる。仕事に精力を吸いとられたものは、スポーツの試合を見る、刺激の強い映画を見る、といった受け身の楽しみにすがる事になる。しかし、職を探している人々と、長時間労働でくたくたになっている人々、心に欝屈したものを持っている人々にとって、ほんの少し閑な時間を持つこと、あるいは、ほんの少しのぼんやり時間を持つことは現実には難しい。この本を読んで、もっともな理論だと共感した。しかし、私は、もともと、ぼんやりの人間なのでなおさら納得できる。18日に清里・萌え木の村で撮ったメリーゴーランドをアップする。ここの担当者は知り合いだったが最近合わない。
[PR]
by kittajp | 2010-08-21 11:43 | 八ヶ岳 | Comments(0)

甲府へ

b0070657_1771719.jpg
昨夜は、12時ごろに酷い雨で目が覚める。娘が職場の飲み会だと言うので、同僚が車に乗せて行ってくれると言う近くのセブンイレブンまで送って行く。ハッキリしない天気だが、薄手のものの洗濯を始める。10時頃から日が出てきた。連日の暑さが始まったので、動いていた方が身体のためになると思い、電車で甲府へ出かける。岡島百貨店へ行き、三省堂を見る。キャッチッフレーズが良いので2冊ほど買おうかと思って巻末を見たら初版は04年と06年になっていたので諦める。やはり、題名が良ければ本の寿命も長いものだと納得する。催し物会場へ行くと、ギフト品ばら売りセールとわけあり商品の販売会をしていた。長い行列が出来ていて、会計の列だそうだ。人気の特売会場へ迷い込んでしまった。「お兄さん、靴で良いものが有りますよ」と言われたが、無視した。古名屋ホテルで日替わりランチを摂る。ホタテガイの炒め物と豚肉のカレー煮込みだった。ここも評判が良く、直ぐに席が埋まってしまった。山交百貨店のサンジェルマンでパンを買い、ドリンクバーを利用して電車の時間調整をする。帰りの電車は高校生が多く乗っていた。課外授業が始まっているのだろうか。帰宅後は、暑くて家に居られないので、町立図書館へ行く。これから、エアコンの電源を入れてから「みたまの湯」へ行く予定。昨日、清里高原で撮った「まきば公園」をアップする。暑かったのにかかわらず、天気は良くなかった。
[PR]
by kittajp | 2010-08-20 17:07 | 八ヶ岳 | Comments(0)

町立病院整形外科・清里

b0070657_16191847.jpg
昨日は中央市のロックタウンに11時に向かう。戸田書店で本を買い、12時に八ヶ岳アウトレットに着く。その前に八ヶ岳バーキングエリアに入るが停める場所がないくらい混みあっていた。やはり、暑く、ミスト装置作動中の表示が出ていた。アウトレットではサンクゼール・ワイナリーでホットケーキをとって昼食にした。新しいお店が出て、少し楽しくなった。食べ物屋さんが13軒になった。それも、美味しくはないが手頃の値段で。たまに、来る価値はあると思った。次ぎに、ふれあい牧場へ行く。駐車場はほぼ満杯。触れ合ってくれる動物は山羊だけだった、人は沢山来ていた。次ぎに清泉寮へ行く。ここも、車はほぼ満杯。ソフトクリームを食べる。次ぎに萌え木の村へ行く。レストランは満員お断りだった。ここも、新しい店が5軒ほど増えた。雨が落ちてきたので、予約したペンションに向かうが、なかなか見つからない。雨のなかを、ウロウロしてやっと見つけた。サントヴィラージュと言うペンション。さらに、玄関に入ってから、呼び鈴を鳴らしても、電話をかけても何の反応もない。そこで、ロビーで一休みしてから電話をしたら、やっと初老の男が出てきた。案内してくれた部屋は、この上なく、お洒落な部屋だった。その上、ユニットバスなのに共同風呂と共用トイレを親切に説明してくれるなど、何処か不自然だった。テレビは受信エラーで全く映らないし、健康的なペンションだった。夕食は近くのレストラン迄、送迎してくれた。標高1150メートルと言う事で夜は暑い事はなかった。でも、夜は寝る前、と言っても8時頃に、少し下痢をした。夕方に食べた、「小作」の南瓜のほうとうが原因だろうか。それとも、清泉寮で食べたソフトクリームの影響だろうか。また、暑い日中に歩き過ぎた疲れの影響だろうか。それで思い出したが、アウトレットで頑張っていた、猿回しの猿も夏バテ気味だった。長い時間、炎天下の広場で頑張っていたので、いくら高原でも、アゴを出して仕舞うだろう。朝は朝風呂に入って気分爽快だ。朝食は気が効いたものでご機嫌だった。9時半にチェックアウトし、牧場公園、清泉寮と回る。どちらも、人出は多かった。10時に、そこを出て町立病院に11時に着く。駐車場はいっぱい。90%は老人。整形外科の佐藤医師の診察を受け、ヒアルロンサンの注射をする。次は9月2日の予約。大戸屋で昼食を摂る。鮭の定食にする。その後、町立図書館へ行くが、3時頃に酷い夕立が来たので急いで帰宅する。昨日、リゾート・アウトレット・八ヶ岳で撮った猿回しをアップする。
[PR]
by kittajp | 2010-08-19 16:19 | 八ヶ岳 | Comments(0)

酒井被告関連ニュース

b0070657_15594032.jpg
最低気温16度、室温23度、最高気温27度の予測。寒くて血圧が下がらないので靴下を履き、ストーブを入れる。昨夜、胃腸の調子が悪くなったので、今朝は梅干しでご飯を食べる。昨夜、六郷からもらったブドウ・甲斐路も食べる。甘さは抜群だ。風邪の調子もイマイチではっきりしない。左の喉と腰が少し痛い。鼻が乾き、ダルさを少し感じる。義父の49日忌が10月25日に決まった。私は出席できるが、娘は友達の結婚式でハワイへ行くので欠席ということで今夜報告する。私も石和で開かれる教え子の同期会に遅れるが、その日に連絡すれば良いと思う。身体を休めるために、午前中は寝ころんでテレビを見る。ほとんどが、酒井法子被告保釈関連のニュース。鳩山新内閣関連のニュースはそっちのけだ。謝罪会見なのか、復帰会見なのか、復活会見なのか、テレビ局によってそれぞれ解釈が違う。拘置所へメイクさん、スタイリストさんが入って完全復活を狙っているとか、いろいろの分析が行われている。映画化や出版の話も競合しており、話題はにぎやかだ。昼食は甲斐市のラザウオークへ行き、紅福酒家で五目焼きソバを摂る。五目焼きソバと言うより、白菜焼きソバと言う感じでがっかりした。帰宅後1時間ほど昼寝をした。風邪は若干悪くなった感じ。多少、熱っぽくなり、身体がだるい。知人から、岡島友の会への新年度入会の依頼電話が来たが、とても他人ごとを考える余裕はない。1時間ぐらいかけて、Windows Vista Service Pack2(KB948465)をインストールする。夕食は六郷からきた、アジの開きと娘が作ったピーマンとチリメンジャコの炒めもので摂る予定。富士山はほとんど見えない。一昨日、八ヶ岳高原大橋で撮った八ヶ岳をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-09-18 15:59 | 八ヶ岳 | Comments(0)

クルマの事故

b0070657_15423329.jpg
今朝は最低気温16.7度、湿度60%だが、非常に寒く感じた。昨夜、良く眠れなかったためか。鼻水も出て止まらない。点鼻薬を使うが効き目はない。眠れなかった原因は、昨日、夕方のクルマの事故だ。清里から帰ってきて、車庫入れするときに変な音がするので、後ろを見たが、何でもなかった。ところが、少し心配になったので、夕食後、再度、クルマの横を見たら、車庫の支柱にこすっていた。その場所だけは、注意して見ていたはずだった。なのに、こすっていた。見ていたはずなのに、実際は見ていなかった。5月29日にも同じような感覚の事故を起こしていた。この場合は相手は車で、私は右折、相手は直進でコスッタもの。見ていたはずなのに、実際は見ていなかったという点で一致している不気味な事故だ。クルマの運転をやめるべきか、小さい車に変えるべきか、いろいろ考えているうちに眠る時間が無くなっていた。見ているはずなのに、見ていない、嫌な伝達機能の欠陥だ。老人現象だろう。でも、運転しないと生活できない。その欠陥を理解して行動することだと開き直る以外に方法はない、と言うのが、朦朧とした頭での結論。朝食には六郷からもらったポテトサラダを食べる。良い天気なので洗濯を始める。しかし、富士山は霞みがかかっていてはっきり見えない。10月18日の関ブロ局長OB会は6人の参加で修正するように旅館に連絡を頼む。先日の葬式の生花代を、新宿の公営社へ振り込む。今日は、娘の家から、オクラと豚肉の煮物、なすのお浸し、豆腐とオカカの煮物をもらう。夕食に摂る予定。11時に約束通り、日本生命の田崎さんが、記入済みの「保険金等の請求に関する特則の付加請求書」を取りに来る。12月31日で満期になるのにどうして、この手続きが必要か理解しがたいが、まだ、3か月先なので、必要と言えば必要だが意味が理解しにくい。今朝は彼岸花が咲いているのを見て驚いた。ホントに季節に正直な花だ。ミニトマトの花も盛んに咲いている。何時まで咲くつもりなのだろうか。昼食はラザウオークへ行く。紅福酒家へ行き上海海鮮焼きそばを摂る。ラザウオークの中を一周するだけで身体が疲れる。睡眠不足のせいだろうか。そこからアピタへ行きスターバックスでトールラテを飲む。暑い日になった。服を着替えるのに忙しい。朝は冬の服装、日が出て来ると軽い長袖、昼は半袖と短パンで夏の服装になる。鼻の調子は良くない。多少風邪気味。昨日、清里、清泉寮から撮った八ヶ岳をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-09-17 15:42 | 八ヶ岳 | Comments(0)

清里案内

b0070657_16314329.jpg
今朝は、関西のメル友を清里に案内することになっていた。ところが暑くなるのか寒いのか天候の予測がつかず、着ていくもので迷ってしまった。結局、短パンは止めて、長ズボンに長シャツ、途中で丸首半そでになっても良い恰好で出かける。出かける前に上着もクルマの中に放り込む。8時50分に家を出て、9時45分に友が待つリゾナーレに着く。そこからまきば公園に案内する。家を出るときには、ほとんど見えなかった八ヶ岳も、公園に着いたころには90%見えていた。まず、少しでも八ヶ岳が見えて安心した。そこから「赤い橋」に着いた時には、ほぼ完全に見えるようになっていた。清泉寮に着いた時には完全に見えるようになっていた。そこで、当然ソフトクリームを食べる。次に、最初、泊る予定だった清里高原ホテルへ行き中を見学する。クラブツーリズムのバスが入っていた。そこから、清里駅前を通って萌木の村へ行き、ホテル・ハットウォールデンのレストランで食事をとる。そこでも、ホテルの見学を申し出る。格調あるホテルに見えた。萌木の村の諸施設を見学して、八ヶ岳高原大橋へ行く。次に小淵沢道の駅へ寄って、ホテルリゾナーレに送り届ける。やはり、疲れたが、天気に恵まれ八ヶ岳は良く見えた。今日の八ヶ岳の良いカメラポイントは、まきば公園、清泉寮東端、萌木の村西端、八ヶ岳高原大橋だった。天気に恵まれ、案内は成功した。今日、八ヶ岳のまきば公園で撮った、八ヶ岳と羊をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-09-16 16:31 | 八ヶ岳 | Comments(0)

縁側での読書

b0070657_1547564.jpg
今朝も寒く、長ズボンと長袖の上着を着ないと寒い。天気は曇っており、はっきりしないが、洗濯を始める。昨夜、DVDを見ながら、鼻血を出して短パンを酷く汚してしまった。それでも9時ごろから日が出てくる。さわやかな日になり、縁側に机を出しての読書を楽しむ。気持が良く1年で最高の時期だと感じた。スコット・フィッツジェラルドの「グレイト・ギャッツビー」を読んだ。ヘミングウェイと共に、最近流行のロストジェネレーションの代表的な作家だが、これまで読んだことがなかった。たまたま、DVDで彼の作品を見たので、読む気のなった。『証券会社に勤める私が、ニューヨーク近郊の小さな家に引っ越したが、隣の家は広大なお屋敷で夜な夜な宴会が開かれるギャッツビーの家だった。宴会に招待されるうちに、私は親類の娘で同級生の妻デージーとの仲を取り持つように頼まれる。また、その同級生は車修理業の奥さんマートルとできている。複雑な恋愛関係が交錯する中で、ある日、ギャッツビーの車を運転していたデージーがマートルを引き殺してしまった。しかし、マートルの亭主はギャッツビーが犯人だと思ってギャッツビーを射殺し自分も自殺する。資産に恵まれ、恋に恵まれながら挫折する話。ギャッツビーがの生い立ちなど、読者が知りたい情報は後にならないとわからない、スリラー小説的な細工を使う。外国の小説は登場人物を理解するまでに時間がかかる。みんな同じように見えてしまう。』 昼食は娘にもらったバジルとジャガイモの炒めもの、パプリカ、イカ、なす、トマトなどの野菜の煮物で摂る。パプリカの香りが楽しかった。午後はリバーサイドアピタへ行く。急にお客が少なくなっている。夏休みが終わった感じがはっきりする。スターバックスでドピオを飲む。富士山は、ほとんど見えない。18日に八ヶ岳まきば公園で撮った八ヶ岳をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-08-26 15:48 | 八ヶ岳 | Comments(0)

緊急地震速報

b0070657_1548286.jpg
今朝は寒かった。長ズボンと長袖の上着を着る。震えながら秋が来たことを実感する。6時40分ごろNHKのニュースの最中に番組を止めて、緊急地震速報(気象庁)のテロップが表示される。地域名は千葉、埼玉、茨城、東京が見える。アナウンサーは「急いで安全な場所に避難してください」を何度も繰り返している。山梨の表示がないことを確認して、次のニュースを待っていた。いつまで経っても同じ言葉を繰り返すだけだった。そのうち、天気予報に変わった。同時に6時37分千葉県東方沖で地震発生のテロップが流れる。何だ、すでに37分に終わったんだと納得した。前回の静岡沖地震の場合は、緊急地震速報の5秒後位に揺れが来たが、今回は何時まで経っても揺れが来ない。でもテロップは流れ続き、避難の督促アナウンスは続く。せも、何もなくてほっとした。その後、地震計の誤動作で誤情報を出したことが分かった。緊急地震速報は震度5が予想されるときに出すものだが、今回は震度1だったとのこと。この誤情報であわてた人は沢山いただろう。電車はかなり運転をやめたという。迷惑な話だ。今日は、湿度は40%と低く、最高気温も30度と低く、快適な日になった。読みたい本があったので、読書日和と考えた。昼食は、娘が六郷からもらった鮭を中心に作ったチャンチャン焼きで摂る。野菜がたくさん入っていて良い料理だ。午後はリバーサイドアピタへ行く。スターバックスでドピオを飲む。帰宅後、隣組へ選挙公報を配る。酒屋さんでは戸締りをしていたが、日曜以外に閉めるのは珍しい。ウナギやさんは、メダカの手入れをしていた。孵化したメダカは親に食べられるので別の水槽に入れる作業をしていた。成長したメダカも見てくれというので見てきたが、500匹ぐらいは居た。少し持って行ってくださいと、言われたが、手入れが下手だからと丁重にお断りした。八百屋は暇そうに店番をしていた。魚屋はもっと暇そうだった。昼は少し暑かった。入道雲も盛んに発達していた。でも、3時になったら冷たい風が吹いてきた。富士山は、ほとんど見えない。18日に清泉寮・キープ・ファーム・ショップから撮った八ヶ岳をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-08-25 15:48 | 八ヶ岳 | Comments(0)

個人演説会

b0070657_15485574.jpg
今朝は窓を閉めていても、半袖半ズボンでは寒かった。最低気温20.8度という。昨夜も9時には窓を全て閉めた。昼の最高気温が31度と低かったために過ごし易く体調も良かったので、昨夜は1度断った、自民党の個人演説会に出かけた。これまで自民党の支部長は町長か町会議長が務めていた。ところが、今回は政治経験なしの歯科医だった。今回の自民党選挙は最初から腰が引けていた。会場はJA会館の大ホールをこれまで使っていたが、今回は和室が用意されていた。500人収容から、100人収容に変わっていた。演説会は6時から始まった。100人ぐらいは集まっていた。ほとんどが60歳以上の老人クラブだ。義理と人情のしがらみから抜け出せない人の集まりだ。まず、80歳前後の政治ゴロが今回の選挙はリホーム選挙だと語った。小泉さんが壊した政治の修理だという話だった。次にやはり80歳前後の元新聞記者が演壇に立った。今度、候補者が国会へ出れば、議長を務めるだろうとその将来性を語っていた。7時ごろになってやっと候補者が見えた。79歳の候補者は、やはり元気がない。一時派閥の領袖をしていたとは思えない。でも、リニア新幹線の駅誘致の問題、中部横断自動車道の問題等に貢献を誓っていた。今朝も、新聞はローカル紙が面白い。北海道11区の中川元財務相が危ないという。12区の武部元幹事長も苦しいという。5区の町村幹事長も接戦だという。青森3区の大島国対委員長も接戦だお言う。茨城1区では赤城元農相がリードを許しているという。栃木1区では船田経企長官がリードを許しているという。東京1区では与謝野財務相がリードを許しているという。東京10区の小池元防衛相がリードを許しているという。東京12区の大田党代表はリードされているという。岐阜1区は野田消費相がリードされているという。静岡7区では小泉チルドレンの片山は厳しいという。愛知9区の海部元総理は苦戦だという。京都1区では伊吹元財務相がリードを許しているという。福岡2区では山崎元党副総裁がリードを許しているという。等々、選挙は予想以上に与党にとって厳しいもになっている。午前中は洗濯をして読書、午後はリバーサイドアピタに車を入れ、スターバックスでドピオを飲む。甲府盆地は良い天気だった。この夏一番大きい入道雲が四方に出ていた。八ヶ岳も富士山もほとんど見えない。18日に清里・清泉寮で撮った八ヶ岳をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-08-24 15:49 | 八ヶ岳 | Comments(0)

民主党の圧倒的勝利?

b0070657_15403415.jpg
今朝のローカル紙は、民主党の大勝を伝えている。「民主300議席超す勢い」という見出しで、20~22日に共同通信社が行った世論調査の結果を伝えている。それによと、自民は選挙前勢力の300から115へ、民主は115から318へ、公明は31から22へ、共産は9から8へ、社民は7から4へ国民新は4から3へ、みんなの党は4から3へ、諸派は1から1へ、無所属は6から6へと議席の変化を報じている。この通りになれば、民主党の圧倒的勝利?となる。さて、残すところあと1週間、どうなる事か。小泉さんの宣言、「自民党をぶっ壊す」が現実味を帯びてくる。「想定外の事態は何故起こった」というタイトルで、新インフルエンザの現状をテレビで伝えている。その原因は、「国民の慢心だ」と厚生労働大臣は伝えている。とんでもない、それは政府の慢心だろう。手抜きだろう。ワクチンの大幅不足は、その典型的な事例だ。やはり、自民党は「ぶっ壊されて」当然かも知れない。さらに、医療制度の手抜きによる医師数の不足は混乱に輪をかけてくるだろう。秋に入ると、新インフルエンザによる悲惨な社会が見えてくる。終戦直後のペニシリン騒動を思い出した来る。後は、相変わらず酒井法子容疑者。午後は、山梨ロックタウン中央へ行き、戸田書店、ユニクロと歩く。ユニクロは冬の衣装が半分を占めている。マックスバリュで買い物をして、リバーサイド・アピタへ車を入れる。隣のオギノまで歩いて、スターバックスでドピオを飲む。帰宅後は高校野球の準決勝を見ながら、雑誌や文庫本を楽しむ。今日は良く乾くという天気予報を信用して洗濯をしたが、日が出たのは午前中に30分ほど。午後からは、ときどき小雨が降る始末。午後から干しても乾きますという、天気予報に騙されてしまった。富士山はほとんど見えない。18日に八ヶ岳まきば公園から見た八ヶ岳をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-08-23 15:41 | 八ヶ岳 | Comments(0)