カテゴリ:大腸検査( 3 )

入院の反省

b0070657_17011270.jpg
最低気温23.7度、最高気温33.0度、湿度50%。朝の血圧は118/61。午前は曇りがちの天気。富士山も良く見えるが、曇り空がバックなのでパッとしない。その上、昨日の検査疲れと入院準備の整理で富士山に出かける余裕はない。また一番の失敗は、昨日、内視鏡を見た医師は、8日に診察した村岡医師でなく、もっと若い荻野環医師のようだ。内視鏡検査の時は、完全に準備が出来てから、検査医師が来たので、顔を直視することは出来ず、検査が終わってお礼を言った時に見た顔は、中年の顔でなく、紅顔の美少年だった。また、検査を手伝っていた看護婦は、手術着を着た女医長だったかもしれない。検査中に、良く話しかけてくれた。何処を今見ているか、このカメラは100万円するとか?自分でテレビを良く見て下さいとか、もう、帰りに向かっていますから、直ぐに終わりますとか、妙に解説が多かった。とも角、重要な点は何も分からずに終わってしまった。結果は、何時、誰が教えてくれるのか?も教えてくれなかった。10日ぐらい待って連絡が無ければ、こちらから照会するしかない。部屋付きの看護婦さんが、感心していたが、入院に80歳の老人が一人で来るのは珍しいと言っていた。身体の動きがスムーズですが、何か鍛錬をしていますか?と聞かれた。鍛錬が出来るほど、身体は丈夫ではないよ、と答えておいたが、同室の人が悪すぎた。300人規模の会社の元社長も同室だった。でも、やはり、一人では無理だったかも知れない。しかし、2014年9月10日の医大への肺塞栓症での入院は一人で出かけて、何も問題なかった。そこで、ホームページを見たら、未完成で、大事なことは記載してない等、不親切なホームページだった。建物は新しいけど、どうも問題が多い病院に様な気がした。不安と反省が残る入院結果だった。昨日、4時には、一日ぶりに食事を、お握りで取った。その結果、今朝は大便が早速出た。血が混じっているか心配してみたが、綺麗な便で安心した。昼食は、イオンモールのフードコートで、「はなまる」の「ざる中」と食品売り場で買った築地の「厚焼き玉子」で取った。3日入院の予定が1日で済んで助かったが、問題の多い入院だった。昨日、使った病室のベッドをアップする。




[PR]
by kittajp | 2017-08-25 17:03 | 大腸検査 | Comments(2)

大腸内視鏡検査

b0070657_17433385.jpg
最低気温24.2度、最高気温35.6度、湿度40%。朝の血圧は135/69。今日は、住民健診で大腸の出血が指摘され、富士川病院で大腸の内視鏡の検査を受けることになっている。食事をせずに、8時に家を出て富士川病院へ向かう。受付の8時半より、10分ほど早く着いた。それでも受付をしてくれた。一応、3日間の入院予定だったので、入院に必要な保証人を立て、必ず治療費は払う旨の誓約書を書かされる。その他、同じような書類を3枚書かされた。それが書き終わったときに、病棟の看護婦が迎えに来た。503号室で、4人部屋に3人入ることになった。経口腸管洗浄ニフレック2ℓを2時間で飲んで、大腸の中を綺麗にすることが、午前中のミッションだった。2時間で飲んだが、なかなか腸が綺麗にならず、また、水を1ℓ飲まされる。それでも綺麗にならない。そのうち、検査の時間になり、レントゲン室へ行く。撮影は、それほど苦痛ではなかったが、その前の大腸を綺麗にする作業はきつかった。洗浄液を飲むと、すぐに肛門に達するが、肛門が役に立たず、垂れ流しの状態になる。それが辛い。結局、3㎜のポリープを採取して検査は終了になる。血液サラサラ剤を、2種類飲んでいたので、ポリープ採取時に血が止まらない危険があったので、3日の入院を予定していた。ところが、運良く血が止まり、検査は1日で終わった。その、2ℓの洗浄剤をアップする。




[PR]
by kittajp | 2017-08-24 17:44 | 大腸検査 | Comments(0)

富士川病院

b0070657_16382918.jpg
最低気温26.1度、最高気温34.3度、湿度60%。朝の血圧は146/72。熱帯夜で朝から暑くて気持ちが悪い。洗濯をして、9時に富士川病院へ向かう。総合受付で大腸の精密検査依頼の説明して、内科に回される。消化器内科の村岡医師に呼ばれ、診察室に入る。今月は混んでいて23日と24日しか空いて居ないけど、どうするか?と聞かれる。私は24日、25日でOKですと答えた。また、ポリープを取って出血が止まらない場合は、26日になるが、土曜日も予備に予定しておいた方が無難だ、と言われた。問題は、血液サラサラ剤を2種類、服用しているので、ポリープを取った後で血が止まらなくなると言う事だ。バイアスピリンは、問題が少ないが、リクシアナは前日から薬を止めてもらわないといけない。詳しいことは、あとで看護婦さんが説明するので良く聞いて下さいで説明は終わる。続いて、内視鏡検査承諾書、ポリープ採取承諾書、伝染病検査承諾書にサインして担当医の説明は終わった。看護婦からの説明は、24日の8時半に受付をして欲しいこと、23日の夜9時に下剤・ピコスルファート1本を飲むこと。飲んでも、翌朝排便が見られない時は、入院時に看護婦に連絡すること、抗凝固剤リクシアナを23日から止める、糖尿病内服薬アカルポース、シュアポストを24日から止めること、などを始め全スケジュールを説明する。また、前日の食事のとり方を説明する。入院時の持ち物、野菜は取らないこと等。全部終わって12時だった。イオンモールへ向かって、昼食は、王記厨房で「麻婆麺」を取る、サッパリして美味しく食べられた。帰り路で、お墓に寄ってきた。綺麗な野草が咲いていた。同じ総代さんの渡辺さんのお墓も、その野草を残していたので、其れ以外の雑草だけをむしってきた。今日、食べた「麻婆麺」をアップする。



[PR]
by kittajp | 2017-08-10 16:38 | 大腸検査 | Comments(0)