<   2009年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「富士山」読書4

b0070657_1635657.jpg
午前中は曇っていて気温が上がらず寒かった。どうしてか胸やけがして胃の調子が悪い。昼食は今朝、娘から貰った鯛の粕漬けで摂る。六郷から来たものを娘が焼いたもの。寒くて外に出る気が起きないので読書に励む。
25日に続いて、中公新書の「富士山」第4章を読んだ。第4章のテーマは、富士山を見る近代のまなざしー幕末から明治へとしている。1はケンペルの見た富士山と言う見出し。江戸までのオランダ商館長参府に同行したドイツ人医師ケンペルは1692年に世界中で一番美しい山だと記録している。2は司馬江漢の描いた富士山と言う見出し。1815年、写真のような西洋油絵の技法で久能山から見た駿河湾の大観に魅せられた。3は南画の富士山と言う見出し。池大雅の富士山は、写真、写実がものの真髄を表しえない南画の主張を見せている。蕪村も同じ。4は葛飾北斎における富士山と言う見出し。富嶽三十六景の多くが庶民とともに描かれており、富士講によって富士登山を一生の念願としている庶民と重なって反権力の象徴を含んでいる。5はオールコックの富士登山と言う見出し。イギリス公使館の初代公使オールコックは、万延元年(1860)西洋人で最初に富士登山をした人になった。江戸幕府は居住の自由は認めたが行動の自由は認めていなかった。幕府が反対する理由の一つとして、慣習的に下層階級の人々だけにかぎられている巡礼に出かけることは、ふさわしいことではない、と言うことだった。富士登山は、富士講の人々によって独占されていて、江戸、関東の庶民のものだった。また、外国人に対し、汚い所は見せたくないと言う伝統的感覚のゆえでもあった。6は、明治維新と富士山信仰と言う見出し。徳川幕府は富士講を邪教視してたびたび禁令を出していた。明治政府は廃仏毀釈によって、富士山の仏教的な要素は壊滅的な打撃を受けた。富士山の本体はそれまで浅間大菩薩と呼ばれていた。典型的な神仏習合の名称だった。八幡大菩薩、浅間大菩薩と言う名称を禁止した。富士講は同時に、江戸の庶民にとっては何年に一度しか行けない富士登山を実現させるための、積立金を管理する経済集団であり、10日もかけて徒歩で旅をする巡礼旅行団体であった。しかし、近代的な交通機関の発展によって富士講の基礎が切り崩されていく。7はリゾートとしての富士山と言う見出し。明治時代富士山のホテルと言えば精進ホテル以外は考えられなかった。明治の終わり、イギリスの写真家ハーバート・G・ポンティングは「精進湖と霊峰富士の山麓の風景を見るだけでも、遠く日本まで旅行する値打ちがあるだろう」と書いている。イギリス人ホイットウォーズは富士山が最も美しく見える場所を探し求めて1895年に精進ホテルを建設。
やまなみの湯へ出かける。甲府地方気象台は今日、満開宣言をだした。20日に開花宣言をしたので、それから10日もかかっている。午後からは少し日が出て暖かくなってきた。30日に考古博物館の丸山古墳から銚子塚古墳を望んで撮ったものをアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-03-31 16:02 | アルツハイマー病 | Comments(0)

考古博物館

b0070657_1641727.jpg
昨夜は、お笑いEXPOの後、中央市の初花で夕食を六郷に御馳走になる。昼からの食べ過ぎと、その時戴いたビールの飲み過ぎで帰宅後、具合が悪くなる。でも、今朝起きた時には回復していた。早朝には雨が降ったようで外は濡れていた。昨夜、六郷で貰った干し大根の煮物で朝食を摂る。隣組へ町の広報紙とゴミの収集カレンダーを配布する。酒屋さんが戸閉めをしていたのが気になった。朝のうちは空を覆っていた雲も、少なくなり青空が見えてきた。そこで、この前の曇り日に行った考古博物館へ再度出かける。博物館に着く頃には、また、曇って来てイライラさせる。休館日の所為か、ほとんど人はいなかった。幸い青空をバックにした桜がとれた。空の青さが昨年に比べてイマイチだがマアなんとか見れる。それから歌舞伎公園へ出かける。遠くから見ても立派な桜の林になっている。先日、娘に「あの、立派な桜の団地はどこですか」と聞かれた。余りにも立派な桜の団地になっていて一瞬迷ったが、「歌舞伎公園だよ。」と返事をしておいたが、全く自信がなかった。それで、今日は確かめに行った。確かに歌舞伎公園だった。桜の木も大きくなり、見事な桜の公園になっていた。満開の状態だが、ウイークデーのため人出は少ない。昼食は大戸屋へ行ったが閉まっている。そこで隣の幸楽苑で海鮮野菜ラーメンと餃子を摂る。その後、ヤマダ電機へ行ってカメラの修理を出す。中々故障個所を理解してくれず、持参したUSBに入れた写真を見せて理解させる。青空を撮ると画面の右上が黒く汚れるもの。最初は、新品と交換するようなことを言っていたが、富士フィルムと相談のうえ、修理に出すことになった。珍しい故障のようだ。チェック機能の手抜きか富士フィルムが変なカメラを出したものだ。帰宅後、暖かい天気につられて、浄化槽の故障個所を見る。確かに四方からコンクリートと浄化槽の間に木の根が伸びている。もう少し、除草剤を根に塗るなど手だてを尽くして見よう。それから時々様子を見て観察してから工事することに計画を変更した。首が痛くて良く回らなくなっているのに気付く。これまで、お風呂で髪を洗うと首が痛くなり気持ちが悪くなることが3回ほどあった。風呂が原因かと考えていたが、もともと首の筋が詰まる現象が風呂場で出てきたと分かった。そこで、風呂場で髪を洗う時には、前もって首の運動をしてからにする。今日は、「やまなみの湯」へ行く。ちょうど天気が良くなり、露天風呂から富士山が見えた。露天風呂の桜も満開状態になり、ご機嫌の温泉気分になった。今日、考古博物館の丸山古墳で撮った桜をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-03-30 16:05 | その他 | Comments(0)

お笑いEXPO

b0070657_8183068.jpg
今日も、昨日に続いて朝から気温が低く、陽も出ずに寒々しい日になった。今日は、六郷に「2009よしもとお笑いEXPOイン山梨」へ連れて行って貰う。10時半ごろに迎えに来てもらって6時頃に帰宅の長丁場。場所は「アイメッセ山梨」と言う山梨最大の見本市会場。昨日は1日目で3000人を集めたと言う。昨日は桂三枝さんが座長で、エド・はるみさん、中田カウス・ボタンさん、今いくよ・くるよさんなどが出演し3000人が集まったと言う。今日は、西川きよしさんが座長で、宮川大助・花子さん、ザ・ポンチさんなどが出演する。そのほか吉本新喜劇、YGA(よしもとグラビアエージェンシー)も出演し、12時から5時までの公演だと言う。吉本の見本市の様なものだろう。折角の機会なのでゆっくり楽しんできたい。最近のお笑いブームには驚くばかりだ。ウイークデーのテレビは、どの局に回してもお笑いしかやっていない。ただ呆れるばかりだ。クイズ番組へのボケの回答が受ける幼稚な笑いが多く、どうしても親しめない。でも、笑いブーム全盛の現実は認めないわけにはいかない。昔から世の中に不安が多いほど笑いが求められると言う説がある。それも、有力な説かもしれない。ともかく、今日は、興味を持ってお笑いを楽しんできたい。ただ、寒さが気になる。一昨日、身延山久遠寺の本堂・祖師堂前で撮ったしだれ桜をアップする。桜は寒さにかかわらずシッカリ咲いている。
以下に当日のメモを載せる。ほとんど覚えていないことに愕然とする。
西川きよし、漫談。滑稽な歩き方で、駆け足で入ってきて、かみしもへ丁寧にあいさつに回る。今日はここに4000人も集まっているっと言う。道理で、甲府の町には人がいなくなってしまった。(誇張)ヘレンさんのお母さんは93歳になるのに虫歯は一本もない。へー!と驚いたら、全部入れ歯だからと教えてあげる。(勘違い)それを家に帰ってから教えてあげてください。家には入れ歯が3組並んで置いてある。一郎がWBCで頑張りましたね。でも、二浪の人はどうしたらよいでしょうか。将来、吉本へ入りたい人は舞台に上がって下さい。トイレの落書き、座って前えを見ると、よう来たな、まあ座れと書いてある。右を見よと書いてあるので右を見ると、便所の中できょろきょろするなと書いてある。
大平サブロー 甲府の中は人がいない。大阪の叔母さんはきつい。アンターと言いながら人の腕をつかむ。その力の強いことペンチより強い。(誇張)汽車の物まね。さんまのサンタマルタのコーヒーのCMで1.4億円。バブを入れたら暖かくなると書いてあるので、水に入れたが全然暖かくならない。(誤解)大阪の女は目の上に目をかく。口紅を塗る時は唇を出したり引っ込めたりと
顔を真似る。
カナリア 知っている人は手を挙げて、知らない人は手をあげて。デパートでの迷子のお知らせ。「カナリア日本語辞典」
えんにち 知っている人は手を挙げて、知らない人は手をあげて。サッちゃんはね。昔々浦島はスナック竜宮城。童謡、唱歌、アニメの替え歌。
ハイキングウオーキング ジェト風船でイリュージョンみたいなことをする。スーパーイリュージョン。段ボールの上にのぼる。コーラを飲んでむせない。他愛のない芸と言えない芸。一発芸。
ネゴシックス 島根県は一日に電車は3本しか通らない。お金がないから花火大会でも8発で終わり。取られるものがないから鍵をかけない。
オリエンタルラジオ 山梨の方言、シチョシー、駿台甲府、オギノ、
富士急ハイランドのジェットコースター、高いねー、値段が。ファミレスへ行くと先ずドリンクバー。武勇伝、
だいたひかる 冗談を聞いて下さい。気になることがあります。カビキラーにカビが生えています。気になることがあります。20~30代と思われる男性がいます。もっと絞った方が良いと思います。世の中のお母さんの笑い方、、、以上で冗談を終わります。一言漫談。無気力そうな雰囲気で辛辣なネタ。
インパルス 学園祭が多い。ショートコント。
キングコング 森のくまさんを歌うが、輪唱が出来ない。だみ声、俳優のマネ。
シンクタンク 横の老人がトイレに立ったが、帰る場所が分からない。お婆さんは豚の衣装を着て乗馬に励む。しかも、乗馬で10キロ痩せたと言う。馬が。
大木こだまひびき うどんの腰が強いと言うがパンツをはいているか。半ペンが落ちて拾おうとしたら膝がチーチキチー。頭を流してから寝るが、眼鏡を見つけるのに苦労する。大体は、目の上に掛けているが。ギャグ専門。
横木ジョージ&レミ つまらないマジックショー、リングと箱からの篭脱け。剣差し。
YGA にしきこうじ ボーカルと演歌 どちらもつまらない。
ジャリズム 「世界のなべあつ」のピン芸、イーチ、ニーイ、の芸だけが面白い。
藤崎マーケット 白いヘアバンドで登場、テニスウエア、黒の五分丈スパッツ、ララライ体操、
外見が珍しいだけで面白くない。物まね。
西川のりお・上方よしお オーラがあり、顔が見えただけで会場が沸く。毒舌、山梨、甲府、会場、観客のこきおろし。ここですと言われたら倉庫のような場所。お洒落をしてくるかと思ったら普段着。若い時のオシッコと年をとってからのオシッコ、話題を次々に変える。ドドーからチロチロ。
天津 赤ちゃんの物まね。しゃべり始めの。一人のお宅老人。お宅漫才。エロ詩吟。
たむらけんじ 獅子舞、ふんどし、ショートコント陳腐な話。ヘアスタイルは横山ノック。芸人をけなす一言ネタ。
さゆみ・ひかり 横山やすし、宮川大助の二世、大助・花子の暴露話が多い。
ザ・ぽんち 高音部でしゃべる。イマイチ。
宮川大助・花子 凄い迫力でしゃべりまくる。脳内出血治療の過程での勘違いと誤解。
吉本新喜劇 「いいじゃ あ~りませんか」のチャーリー浜も少し出る。「お引越し」全2景、40分。ドタバタ劇。
 
全般に記憶に残らないことに驚いた。
[PR]
by kittajp | 2009-03-29 08:18 | その他 | Comments(0)

桜見物

b0070657_1621754.jpg
朝は相変わらず寒い。富士山は雲に覆われている。花曇りで青い空は見えないが、笛吹市の古墳群に桜を見に行く。先ず、八代ふるさと公園に行く。気温は低く、寒々とした空なので、人出は少ない。桜は8分咲きと言うところ。盃塚古墳と岡銚子塚古墳の桜は枝によって満開と7分咲きとに分かれる。近くの桃畑の桃の花も咲きだしている。空が青くないと桜が死んでしまう。それでも桜と桃の花を撮ってくる。次に県の考古博物館の銚子塚古墳と丸山古墳へ行く。ここも、桜は9分咲きの感じだが、気温が低い上に空が暗く決してきれいとは言えない。子供が沢山芝滑りに来ていた。古墳は高く急傾斜だが、慣れた感じで怖がらないで滑っている。梅は、ほとんど散っていた。天気の悪い日の桜見物ほど詰まらないものはない。シャッターを切る手が冷たいのだからおかしい。昼食は大戸屋で摂る。「熟成豚ロースかつの玉子とじ鍋定食」と「野菜のせいろ蒸し」を食べる。マックスバリュで買い物をして帰宅。一休みしてから「やまなみの湯」へ行く。露天風呂では、積雲のちぎれ雲が流れていた。最近は「やまなみの湯」で頭を洗った後に肩が張って気持ちが悪くなってしまう。もう3回ほど続くが気持ちが悪い。今日、家の庭にはスミレがたくさん咲いていた。除草剤をまかなくて良かった。少しの間楽しめそう。今日、八代ふるさと公園の盃塚古墳から南アルプス方面を眺めた様子をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-03-28 16:02 | その他 | Comments(0)

身延山久遠寺

b0070657_16333493.jpg
寒くて目が覚めた。毛布を1枚掛けてから時間を見たら起きる時間だった。昨晩、娘が焼いてきたサワラで朝食にする。六郷から貰ったものだと言っていた。天気がハッキリしないので、何処へ行くか迷っていた。今日の第一希望は、笛吹市の方へ桜を見に行くことだった。次が富士山へ行くことだった。富士山は頂上に変な雲が絡みついているのでだめ。花曇りなので、桜の写真を撮りに行っても冴えない。そこで、身延山の桜を見に行くことにした。花曇りでも深山をバックにすれば桜も冴えるのでそこへ行くことにした。身延山が第3希望になっているのは、坂の上り下りが大変だからだ。膝は半月板損傷で痛く、胸は肺気腫で息苦しい。でも、良い時期なのでそこにした。日蓮宗総本山としての身延山久遠寺にした。決断が遅かったので出発も遅く9時10分だった。身延山久遠寺へ着いたのは9時50分。それから駐車場の空きを待って10分。先ず、本堂、祖師堂などしだれ桜が大きい所へ行く。それから祖廟を通って三門まで歩いた。全般に満開状態で良い時期だった。帰りは流石、駐車場までの道は上りとなり、息が苦しくなり時間かかった。でも、足も肺の力もまだ使えることが確認できて良かった。帰りに見た駐車場待ちの車は総門まで2時間分ぐらいは続いていた。明日は、昔の役場近くで止められ、そこからシャトルバスでの往復と言う。遅い昼食を家で摂って「やまなみの湯」へ行く。やまなみの湯での桜は3分咲きぐらいだった。露天風呂で見ると富士山は綺麗に見えていた。帰宅したころから天気は良くなっていた。今日、祖廟近くで撮った桜と若いお坊さんをアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-03-27 16:32 | 肺気腫 | Comments(0)

築35年

b0070657_15531528.jpg
酷く寒い朝で驚いた。真冬並みの暖房で対応していた。体調が悪いのかと心配たが、そのうちニュースで、六本木や桜木町で雪が降っていると伝えられて、今日はどこも寒いんだと納得しようやく落ち着いた。天気も晴れたり、曇ったりで変化が激しい。午後からは風が強く吹き不気味な天気となった。不安を感じながらも、9時10分に富士山麓へ向かう。精進湖では、たまたま富士山が見えていたが、河口湖を通る時には山頂に雲が被っていた。それでもと思い、山中湖まで行ったが、やはり山頂に雲がかかっている。山中湖には10時20分に着く。そこから、河口湖の長崎公園に来て見るがさらに雲が厚くなっている。昼食は、久し振りに大戸屋で摂る。寒かったので鍋ものを狙い、「チキンかあさん煮定食」と「野菜のせいろ蒸し」にした。ヤマダ電機で注文した品を受け取り、戸田書店で旅行案内を立ち読みし、マックスバリュで野菜を買って帰宅。夕食は、今朝、娘の家で貰った野菜御飯にしよう。六郷から昨夜貰ったものだと言う。今日は、新聞の集金が2件、灯油の給油、浄化槽の点検があった。浄化槽は庭の木の根っこが、入り込んで流れの邪魔をしている。、一度コンクリートを少し剥がして、根っこが入ってこない工事が必要とのこと。安普請で築35年経つので方々、具合の悪い所が出てくる。我が家の木蓮は、全てヒヨドリが落としてしまった。近くの山のソメイヨシノは8分咲き。富士山を追いかけるより、桜を追いかけた方が面白そうな時期になった。今日、山中湖で撮った富士山と白鳥をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-03-26 15:53 | 富士山 | Comments(0)

「富士山」読書3

b0070657_1612921.jpg
今朝は6時頃になって、急に寒くなり、感覚的には真冬並みの寒さになった。久し振りにストーブを2個点ける。鼻の調子も良くない。花粉症みたいに水鼻が出てくる。あまりにも酷いので、点鼻薬をスプレーしてみた。自分の花粉症で思い出し、長年、花粉症で苦しんでいる妹の家に電話した。花粉症は年々悪くなってきており、今は、子供の面倒もみれず、子供も諦めていると言う。上の子は大阪か帰ってくると言うし、下の子はヨーロッパから帰国し、今度は1年間の予定でアメリカへ行くと言う。家の娘も、花粉症気味だと伝えたところ、今からでは大変だねと同情されてしまった。9時頃から雨が降り出したので読書に精を出す。22日に続いて中公新書の「富士山」第3章を読んだ。
第3章のテーマは朝鮮通信使と庶民の信仰ー江戸時代の富士山をとしている。1は織田信長の富士山見物と言う見出し。1582年、家康が本栖に宿所を設置して接待したと言う。この地方一帯に対する示威行動だと見られている。2は、秀吉の「富士陣羽織」と言う見出し。世界に敵なしと思いこんだかのようなこの時期の秀吉の高揚した心境を図柄に表現したものだと言われている。3は朝鮮通信使と富士山と言う見出し。次に通信使が来る時の参考として書かれるため、情報が蓄積されていた。4は、初期の通信使による富士山の記述と言う見出し。家康時代であり、富士川から見た感じを、堂々たる名山、一国の鎮めとなる中心の山であり、銀の山、玉の峰であるとたたえている。5は家光時代の通信使の描く富士山と言う見出し。以前より余裕を持って富士山を観察している。「山は大きな原野の中にあり、三国の境に雄大な姿で盤居している。切り立ったさまで屹立して、空の半分を占める。白雲が常に中腹の下に起こり、空に浮かんで天を覆う。と表現している。6は三国一の山と言う見出し。江戸時代の日本の知識人は、富士山は中国、朝鮮にも見られない三国一の山だと考えていた。確かに中国が言う五岳には富士山ほど高い山はなかった。7は池大雅と金有声と言う見出し。池大雅が、雪をかぶったのっぺりとした富士、火山灰と砂礫でごつごつした岩肌のない富士山を、山水画の技法でどう書いたらよいか、金有声に聞いたがうまい解決方法はなかった。当時、朝鮮通信使と日本の知識人の間に、富士山と金剛山といづれがすぐれているかの論争があった。金剛山は高さは富士山の半分に満たないが、奇峰、奇岩、清らかな渓流が数知れず、山水画の技法に適合する。8は山水画としての富士山と言う見出し。中国の山水画の技法で、富士山をどう描くかは問題だった。しかし18世紀になると、写実的に描くことによって解決する。9は富士講の発展と言う見出し。1733年に食行身禄が烏帽子岳で断食入定してから大流行し、江戸八百八講と言われるほどの隆盛。将軍吉宗の享保の改革に対する素朴な怒りだ。10は食行身禄と言う見出し。45回富士登山をした人だが、断食自殺が幕府政治に対する激しい抗議だったので、たちまち信者を集めることになった。11は大名の観察した富士講と言う見出し。各大名が抑えようとしても、一向門徒が親鸞を尊ぶのと同じで、命を惜しまないので、抑えきれなかったと言う。12は山東京伝の「富士之人穴見物」は、同名黄表紙が反体制をうちににじませたもので、富士山と言う存在が庶民には魅力的なものになっていた。13は白隠の「富士大名行列図」と言う見出し。富士山のような高邁な悟りに無縁な大名の無駄な行列を批判している。ここでも宗教の山・富士山と幕府は対立の緊張関係にあった。
雨があがってから、今日から受付を始めている、定額給付金の申請に役場へ出かける。運転免許証と預金通帳と印鑑が必要だった。待たずに直ぐに手続きは終わった。書類不備で2回目の手続きの人もいた。その後、新年度の健康カレンダーを組みうちに配布する。御無沙汰をしている電気屋さんにお茶を飲みに行く。もう、80歳を越しているので世間が狭くなり、話題も乏しく面白くなくなった。でも、全く健康体なのが凄い。本栖湖はヒメマスの狩猟解禁日だと言うが、富士山はほとんど見えなかった。18日に精進湖で撮った富士山をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-03-25 16:01 | 富士山 | Comments(0)

WBC観戦

b0070657_15511610.jpg
今朝は良い天気になると言う予報だったが朝のうちは雲が厚い。娘に、今日は何があってもWBCを見る予定だよ。と予定を伝えたところ、「それは、そうでしょう。」と当然と言う返事だった。6チャンネルで9時55分から中継放送が始まる。先ず、解説者として槙原、佐々木、清原の紹介。花火とオーケストラでオープニングセレモニーが始まる。両国国歌とアメリカ国歌の演奏。韓国は民族衣装の太鼓隊も一緒に韓国国歌の演奏に加わり賑やか。チャンピオンシップトロフィーの返還が元王監督によって行われる。そして、原監督と握手をして韓国側が整列しているところへ行くが、韓国の監督は病気でダッグアウトにいた。そこで王監督はわざわざ韓国側のダッグアウトまで握手に出かける。感動的な仕草だった。セレモニーで使ったシートを片付けて、試合が始まったのは45分後の10時40分。その後、2時40分まで延長を演出して楽しませてくれた。8回まで岩隈、杉内が3対2で勝っていると思ったら、9回に救援にダルビッシを送り、四球を二人も出して同点にされ延長戦に入る。確かに救援経験のないものに救援をさせることに無理があったかもしれない。幸い、10回にイチローの活躍で2点入り、5対3で勝つことができた。やはりイチローだった。でも、今日の立役者は岩隈だと言う意見が多かった。一方、城島は完全にブレーキになり、4番は重荷だったかも知れない。ともかく幸い、2大会連続制覇できて良かった。MVPは松阪に決まった。確かにその価値はあるだろう。でも、インタビューで松阪はMVPは岩隈だと思っていたと言っていた。今日は、完全にWBCを楽しんだ一日だった。会場での観客の数は韓国対日本の比率は3対1で韓国の方が多かったと言う。選手たちは大きな日の丸を持って場内を一周しており、その後は、ロッカールームでシャンパン掛けだと言う。今日は、良い天気だったが、富士山はイマイチハッキリ見えない。18日に山中湖・交流広場北で撮った富士山をアップする。やや、黄砂の影響で霞んでいる。
[PR]
by kittajp | 2009-03-24 15:50 | 富士山 | Comments(0)

町立病院眼科

b0070657_15595215.jpg
昨日は日曜日なのに、夕方、郵便局が来た。新年度の国民健康保険証を書留で送ってきたもの。もう直ぐに新年度だと改めて感じた。昨夜の夕飯は娘の家で摂る。六郷から揚げ物を沢山戴いてきてそれをオカズにして、夕飯にした。その後、デザートにパリの老舗マカロンブランドのラ・デュレのマカロンを貰った。ところが、神戸の結婚式へ出かけていたお婿さんが、梅田阪急で買ってきたと言う芦屋の洋菓子店の老舗アンリ・シャルパンティエのマカロンを土産に持って来てくれた。昨日は、マカロンの多い日だった。また、デパートのお菓子売り場の中心的な売り場はマカロンで独占されている。高いお菓子が良く売れているが、今の若者の流行なのだろうか。贅沢なお菓子だ。今朝は、風が強く寒々しい朝になった。風は音を立てて吹き荒れ、外へ出る気がしない。強風のために、成田空港では中国から来た貨物便が着陸失敗で炎上している。今日は町立病院眼科の受診日。糖尿病関連で年に2回眼底検査を受けている。8時半から始まっているWBCの日本対アメリカ戦を横に見ながら8時40分に家を出る。9時に視力検査と瞳孔を広げる目薬を点眼する。9時20分に受診。「視力は前回と同じです。軽い白内障があります。そのほか目はきれいです。」と言う診断結果だった。会計に来てテレビを見ると日本が1対ゼロで負けている。会計の処理が遅いと思っていたら、お婆さんは1万円出したと言うのに、受付は貰ったのは1千円だと言ってもめている。認知症の患者さんを扱うのは時間がかかる。会計が終わって外に出るが、瞳孔が広がっており周りが良く見えない。特に逆光だと全く見えない。車を運転して道路に出たが、車は認識できるが人は見えない。ゆっくり運転して家に帰る。早速テレビを見ると2対2の同点。ちょうど面白くなってきた。その後、4回に6対2と4点リードしてホットする。アンリ・シャルパンティエのマカロンを食べながら、ゆっくり日米野球を観戦する。9対4で日本が勝つ。マカロンのレシピを見たが作り方が猛烈に難しそう。設備も必要だ。目の瞳孔の開きも昼過ぎにはおさまってきた。昼食は娘が用意して行ったカブと生揚げの煮物で摂る。午後は南アルプス市のマックスバリュへ行く。すももの花が満開だった。帰りに南側の山を見ると、ソメイヨシノが7分咲きの感じ。家のモクレンは散り始めた。春は気象庁の予報以上に早く来ている。お婿さんは庭の草取りと除草剤の散布に頑張っていた。私は肩や膝が痛くてそれどころではない。2~3日様子を見ることにした。4時近くになって急に空が暗くなってきた。富士山は雲がかかりハッキリ見えない。18日に山中湖平野で撮った富士山をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-03-23 16:00 | 富士山 | Comments(0)

「富士山」読書2

b0070657_165422.jpg
朝の6時頃から雨が降り出した。気温は上がらず、風は強く寒い一日。お昼頃に少し雨は止んだが、寒くて外に出る気はしない。ずっと、本を見ながらテレビの番をする。6チャンネルのサンデーモーニングを見る。群馬県の高齢者向け住宅「静養ホームたまゆら」の火災事故は悲惨だった。高齢者福祉の弱さを見せていた。8チャンネルの東京マラソンを見る。主要道路を6時間通行止めだと言う、銀座の散歩は昨日で良かった。2時からは6チャンネルでWBCのベネズエラ対韓国戦と1チャンネルのJ2リーグ、ヴァンフォーレ甲府対コンサドーレ札幌戦を見る。ベネズエラは1回に5点を取られ早々勝負が決まる。ベネズエラは9人全員が大リーガーなのに対し、韓国の大リーガーは1人だと言うが個々人の力とチームの力は違うものだ。ヴァンフォーレ甲府は運が良く2対1で勝つ。2連勝で調子が良い。
読書も少しする。14日に取り上げた中公新書の「富士山」第2章を読んだ。第2章のテーマは中世の富士山ー宗教の山岳として、と言うもの。1は延暦の大噴火と言う見出し。延暦19年(800)、延暦21年(802)に大噴火が起こった。さらに貞観6年(864)にも大噴火が起こり、?の海は消失し跡に精進湖と西湖が造られた。その際、青木が原樹海も造られた。これが歴史時代の最大の富士山の災害だと言われる。この大噴火で被害は甲斐の国側に集中しているので、甲斐の国としては、駿河の浅間神社が祭祀を怠ったためにこの災害が起きたと、甲斐国にも富士山を祀る社を建立することを朝廷に請願したという。5は、富士修験の始まりと言う見出し。12世紀になると富士山も落ち着き、富士山修験道の中興の祖と言われる末代上人が出てくる。富士上人とも言われ、富士山頂に密教の中心仏である大日如来の名を冠した大日寺を建立した。8の見出しは日蓮と富士山。日蓮は実相寺で「立正安国論」を執筆し、実相寺はその後、天台宗から日蓮宗に改宗し現在にいたっていると言う。13は、日記に記された富士、清見潟と言う見出し。「十六夜日記」の阿仏尼は、小山が海に迫って磯部のごとく細い通り道しかない所を通過する清見潟・清見関(現在の興津)の描写が多い。網羅的に中世の富士山が紹介されたが、あまりにも詰め込み過ぎで読む方は疲れてしまった。
今日は富士山は全く見えない。18日に山中湖長池公園で撮った黄砂で霞む富士山をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-03-22 16:05 | 富士山 | Comments(0)