<   2009年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「西の魔女が死んだ」

昨夜は良く眠れた。10時に寝て、3時にに起きたが、目まいはほとんどない。吐き気もほとんどない。胃が重くるしく食欲はないのが食べられないほどではない。ただ、頭も重い感じ。とりあえず味噌汁を作り始める。ニンジン、玉ねぎ、長ネギ、ほうれん草を入れて作る。味噌汁が出来上がったころには、娘が昨夜遅くに作ったオカズで朝食を摂る。焼き鳥、玉ねぎ・シイタケ・豆腐・玉子のチャンチャン焼き、ハスの煮物、ワカメ・きゅうりのナマス、サツマイモの煮物。朝食は食べ過ぎで苦しい。昨日に比べて、目まいがほとんどないので、少し楽になった感じ。でも、頭は重く、何時、目まいが襲ってきても不思議でない状態。オカズは娘が沢山用意してくれたので、のんびりテレビのワイドショーと、ビデオを見て過ごすことにした。昨夜からの雨が続き、暗い天気だったので、昼寝はユックリした。途中で、娘に近くの沢田屋さんが、今日、お惣菜を売り出すと言うので、何を売っているか見ておいて欲しいと頼まれたので、見に行く。昼食後に出かけたが、雨が強く降っていたので長靴を履いて出かけた。売り子が二人、お客が二人いたが新聞紙に包んだ物をやり取りしており中身まで見えなかった。少し歩いただけで疲れる。身体はかなり弱くなっている。ビデオは、昨年、清里・清泉寮のコテージ近くの野外祈祷所に近いところにセットを作った映画を見る。本格的な魔女の住んでいる家を作り、一時は、入場料を取って中を見せていた。それだけに、ある程度有名な映画のようだ。『西の魔女が死んだ』2008年、日本。「魔女が倒れた.もうダメみたい」.中学3年生になった、まい(高橋真悠)とママ(りょう)は「西の魔女」のおばあちゃん(サチ・パーカー)危篤の報を受け,急いでおばあちゃんの家へと向かう.おばあちゃんはかつて英語教師として訪日したイギリス人。同じ学校の理科教師だったおじいちゃんと結婚し,おじいちゃんが亡くなった今では田舎で一人暮らしをしていた。車の中でまいは2年前のことを思い出していた。ある日まいは「学校に行かない」とママに宣言する。当時パパ(大森南朋)は仕事のために単身赴任中だった。少し変わり者の娘に手を焼いたママは娘をおばあちゃんの家に連れて行く。おばあちゃんは手放しでまいを歓迎してくれた。そしてまいもそんなおばあちゃんが好きだった。そんなおばあちゃんの家には定期的に郵便屋さん(高橋克実)が訪れる他,近所に住む無職のゲンジ(木村祐一)がバイトがてらやってきては雑事をこなしていた。おばあちゃんの家系は魔女だったと言う。そこで、まいは魔女の訓練をお願いする。そのためには、座禅など精神的な訓練が必要だが、先ずは、早寝早起きをすること、スケジュール通りに毎日生活することから始める必要がある、と教えられる。こうして、魔女修行が始まる。おばあちゃんは、毎日のちょっとした変化が楽しみで、先を知る能力は不要だと、今の生活を語る。ある嵐の夜、まいはおばあちゃんの寝室を訪れ、一緒に寝てくれと頼む。その際、おばあちゃんに、死んだらどうなるか問いかける。おばあちゃんは最初は、死んだことがないから分からないとはぐらかす。でも、おばあちゃんはこう考えると教えてくれた。死とは魂が自由になることだ、と伝えた。ある日、おばあちゃんの用事で、ゲンジさんの家に行くと、犬小屋の前に、鶏の毛がたくさん落ちていた。そこで、まいは興奮してゲンジの罪を追及する。しかし、おばあちゃんは、ハッキリした証拠もないのに妄想に興奮すると神経を苛立たせるだけだと戒める。突然、父が来る。ヒダ市に3人一緒に住もうと、まいの了解を取りに来たもの。まいは、あばあちゃんに相談するが、魔女は自分で決断することが大事だと諭される。また、まいは、どうして学校に行かないのかと、聞かないのかと、おばあちゃんに聞く。おばあちゃんは、まいが自分で決めたことだから、その考えを尊重しているからだと言う。本当は、中学校で他人に同調するのを止めた為にいじめに遭い嫌になったからだとまいは、おばあちゃんに語る。女子の付き合いは難しいものだと付け足す。翌朝、まいは、一緒に住むことを了解する。その後、また、ゲンジさんがまいの畑を掘り返した。まいが詰問すると土を少し貰うだけだと言って悪びれた様子も見せない。このことについて憤慨したまいは、おばあちゃんに猛烈抗議するが、単なる言い争いになってしまう。でも、直ぐに、母が迎えにきて、まいはヒダ市へ向かう。それから2年経って危篤の知らせを受けて母親とまいは飛んでくるが、すでに亡き人になっている。魔女の訓練と言いながら、生活するための知恵と訓練を叩きこまれた1か月だった。少し退屈して途中で1時間寝てしまった。中だるみがするのかも知れない。北杜市清里高原清泉寮にセットが作られ、撮影終了後、有料で見せていた。清里名なので、映画の最初の画面では、甲斐駒ケ岳、八ヶ岳が映されており印象的だった。
[PR]
by kittajp | 2009-09-30 15:21 | その他 | Comments(0)

「崖の上のポニョ」

昨夜は良く眠れた。10時に寝て、3時にに起きたが、5秒ほど軽い目まいがする。吐き気はほとんどない。胃が重くるしく食欲はないので、とりあえずネットで時間を潰す。新聞を見て、5時に朝食をとる。娘が昨夜遅くに作ったオカズで摂る。サンマを焼いたものが、余りにも焼き過ぎで堅いので、味噌汁を作る。長ネギをたくさん入れて作った。久し振りの長ネギの香りが懐かしかった。夜更けから雨が続いており、寒々とした朝になった。昨日と同じで頭が重い。病気以来、初めて、前日に比べて、回復の気配が全く感じられない日になった。オカズは娘が沢山用意してくれたので、のんびりテレビのワイドショーと、ビデオを見て過ごすことにした。オカズは、サンマとアジの焼き魚、ニラ玉、カボチャのマヨネーズ和え、チンゲン菜のお浸し、ナスとピーマンと玉ねぎの炒めものだった。暗い天気だったので、良く寝た。罪悪感を感じながらも、眠気が強く良く寝た日だった。朝寝をし、昼寝をし、身体が疲れているのだと理由を盾にして良く眠った。3か月ほど前にレンタル化されたビデオを見た。『崖の上のポニョ』2008年、日本。大ヒットを記録した前作『ハウルの動く城』以来4年ぶりに宮崎駿監督が手掛けた心温まるファンタジー。アンデルセン原作の童話「人魚姫」を基に、人間になりたいと願うさかなの子と5歳の男の子の友情と冒険を生き生きと描く。海辺の小さな町。崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、ある日、クラゲに乗って家出したさかなの子・ポニョと出会う。アタマをジャムの瓶に突っ込んで困っていたところを、宗介に助けてもらったのだ。宗介のことを好きになるポニョ。宗介もポニョを好きになる。「ぼくが守ってあげるからね」と誓う。しかし、かつて人間を辞め、海の住人となった父・フジモトによって、ポニョは海の中へと連れ戻されてしまう。人間になりたい!ポニョはいもうと達の力を借りて父の魔法を盗み出し、手足が出て人間の形になり、再び宗介のいる崖へ、大津波となって押し寄せる。海の世界の混乱は、宗介たちが暮らす町をまるごと飲み込み、海の中へと沈めてしまう。デイケアーセンターに勤める母の車に乗って嵐の中を家に帰る宗介を海の上から追いかけるポニョの姿は感動的だった。更に抱き合って再会する場面は最高の盛り上がり。一方、母・リサは嵐の中をデイケアーセンター・ひまわりに戻ったが、その留守を狙ってフジモトはポニョを取り返しにくるが、ポニョの妹達の妨害で失敗する。また、ポニョの母・グランマンマーレの説得で諦める。 翌朝外を見ると、窓の下まで水が押し寄せていた。玩具の船を、ポニョの魔法で大きくして、それに二人は乗って、ひまわりに行ったリサを探しに行く。リサとひまわりの老人たちは、フジモトに捕らわれていた。ポニョと宗介も、フジモトに捕らえられる。それを、妹達が救いだす。また、ポニョの母・グランマンマーレ・海全体の女神が来て、宗介にポニョはもとは魚だけどそれでも好きになれるかと聞く。また、ポニョには人間になると魔法が使えなくなるがそれでも良いかと聞く。二人ともそれでも良いと答える。その答えで、全員が解放され、二人はキスで結ばれる。と言う感じだが、主題歌が良かった。そのほかは通常の出来のような感じがする。もう少し、素晴らしい作品を期待していたのにガッカリだった。でも、病人にはちょうど良い、面白いビデオだった。
[PR]
by kittajp | 2009-09-29 15:44 | その他 | Comments(0)

眼底検査

昨夜は良く眠れなかった。10時に寝て、2時にトイレに起きたが、その後眠れず、4時には起きてしまった。5秒ほど軽い目まいがする。吐き気はほとんどない。冷や汗はなかった。胃が重くるしく食欲はないので、とりあえず新聞を見て様子をみる。5時に朝食をとる。娘が昨夜遅く弁当用に作ったオカズで摂る。鳥の手羽の甘煮、きのこのサラダ、ピーマンと桜エビの炒めもの。8時40分、娘がクルマで町立病院に送ってくれる。45分眼科の受け付けをする。55分、視力の検査をする。その後、散瞳薬を点眼して瞳孔を広げる。糖尿病手帳を提出して、瞳孔が広がっまで20分を待って下さい、といわれ待合室で待つ。9時35分医師の診察。眼底検査の結果コメントあり。「視力は6ヶ月前と変わりません。眼底は綺麗です。白内障は進んでいません。次は3月29日で良いでしょうか?」との問い合わせに対して了解の旨を伝える。55分に会計を終わり、徒歩で家に向かう。県道を歯医者さんの横から古倉の通りへ入る。「再建」と言う青色ののぼりが方々の家に立っているのに気づく。10月中旬に行われる町長選に立候補する新人候補を支持する旗だと気がついた。嫌なことをするものだと驚いた。我が家も義理と人情で新人候補を支持するが、旗を立ててまで立場を明らかにしたくない。古倉でスーパーの北側が、綺麗に宅地開発されていた。そこで、大工さんに会った。「散歩ですか」と聞かれたので「病院です」と答えた。眼医者と商工会の間を通って文房具屋の横で中央通りに出た。家に着いたのは10時15分だった。久し振りに、急いで歩いたので、足の筋肉は攣るし、汗はたっぷりとかいた。散瞳薬のために眼はほとんど使い物にならない。テレビを見ながら昼寝で過ごす。ところで、どうして糖尿病患者に、眼底検査が必要かと言うと、糖尿病性網膜症を早く発見するためだと言われている。糖尿病の三大合併症といわれるものは、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害といわれ、神経障害は触診で、腎障害は尿検査である程度分かるが、網膜症は眼底検査でないと早期発見ができないという。その上、糖尿病性網膜症は、これまで、長い間、日本では中途失明の原因としては最多であったが、平成18年に緑内障に次いで二位となっている。しかし、糖尿病性網膜症による失明人数は年間約3000人で、毎年増加しており、緑内障の原因の一部には糖尿病性血管新生緑内障も含まれていることなど、怖い病気であることに間違いはない。眼底の血管は人間の体の中で唯一直接に血管を観察できる部位のため、そこを観察すると動脈硬化、脳腫瘍、高血圧などの全身の病気が推察でき、生活習慣病の検査としても有効と言われ軽視できない。だから、今日のように、綺麗です、と言われるとホットする。
[PR]
by kittajp | 2009-09-28 15:26 | その他 | Comments(0)

お出掛けの支度

昨夜は良く眠れた。起床は5時に可能となった。10秒ほど目まいがする。吐き気はほとんどない。冷や汗は相変わらず少し出る。食欲はないので、とりあえず新聞を見て様子をみる。6時に朝食をとる。娘が昨夜遅く持ってきた、ミネストローネと六郷でもらったカボチャプリンで摂る。血圧は150・85と高く、肩が張る。軽い目まいはその後も続く。それでも、食器を洗い、洗濯を始める。しかし、天気ははっきりしない。その後、8時からは、いつものように「サンデーモーニング」を見る。マスター陸上のニュースが面白かった。100歳以上の世界記録保持者の元気な様子にはただ驚くだけ。お昼前に紙屋さんがお見舞いに来た。次男が家に戻り9月から仕事を手伝っていると言う。梨、メロン、ミカン、ブドウを持ってきた。全般に体調は昨日に比べてかなり良い。昼寝の後、テレビを見ながら、明日の退院後初めての、お出かけの支度をする。町立病院の眼科に予約が入れてあるので、できれば行きたい。たとえ、雨が降っても、娘が心配するのでクルマは使わずに電車で行くつもり。予約時間が9時なので8時43分発の電車を利用、家を8時35分に出かける予定にする。薬は2日分を持ち、保険証、印鑑、今利用している薬の説明書を持参する予定。いつものプラスチックケースをやめて、両手を開けるためにTumiのポケットバッグにする。テレビを見ながら薬の仕分けなど、お出かけの支度をする。夕飯は、中央市の「初花」へ行く予定。
[PR]
by kittajp | 2009-09-27 16:09 | その他 | Comments(0)

良性発作性頭位性眩暈症

昨夜は良く眠れなかった。そのためもあり、起床は病院の時間に合わせて6時15分にした。やはり、と言うべきか、20秒ほど目まいがする。吐き気もする。冷や汗も出る。そのため新聞を見て様子をみる。吐き気は治まらないが、8時に朝食をとる。娘が昨夜遅く持ってきた、けんちん汁を摂る。昨日から点滴をしないせいか、昨夜の睡眠不足のせいか、目まいと、吐き気はその後も続く。それでも、食器を洗い、洗濯を始める。しかし、天気ははっきりしない。その後、ネットで『良性発作性頭位性眩暈症』について調べる。良性(つまり悪い疾患でない)発作性(突然発生して2から3週間くらいは続く)(原因は頭の位置を急にあげたり下げたりすること、だから)頭位、眩暈(とはめまいのこと。)だそうだ。「寝返りを打った時や、ベッドから起きた時、あるいは上や下を向いた時など、頭の向きを変えた時に起きるめまいを「頭位性めまい」と呼びます。良性発作性頭位眩暈症は頭位性めまいを起こす代表的な病気」とのこと。「前庭器官にある耳石器に載っている多数の耳石が、何らかの原因で、本来の位置から外れてしまい、半規管の内部で浮遊したり、半規管内のクプラと呼ばれる部位に付着することがあります。この状態で頭を動かすと、耳石が三半規管を異常に刺激するために、めまいを感じるようになります。」と言うのが一般的な原因のようだ。したがって、何らかの方法で半規管内に入り込んだ耳石を出してしまえば、めまいは完全になくなるという。そのために理学療法が幾つかある。しかし、妹はこの理学療法を何回かやってみたが、効果はなかったという。ところで、妹は20年ぐらい前からこの病気に悩まされており、妹の同級生もこの病気を経験している人が多いという。昼食はけんちん汁とサバの塩焼きで摂る。その後、腹痛に襲われて、昼寝に。その後、大相撲を見て過ごす。干した布団の片付け、洗濯物の片づけをするが、力が出ない。その上、息切れがする。昼食後に調子を崩したようだ。昨日に比べてかなり調子が悪い。点滴がないためか、病院に比べて、温度差などの環境が悪いためか。夕方、六郷でお見舞いに来てくれた。
[PR]
by kittajp | 2009-09-26 16:11 | 良性発作性頭位性眩暈症 | Comments(0)

退院

このたびの5日間の入院生活を時系列的に次に並べる。今日、退院できて、本当にホットしているところ。
9月21日9時頃、娘が町立病院へ連絡をとって休日診察の了解をる。9時45分に救急車を呼んで町立病院へ行く。昨日と同様に点滴をするが、車に乗る体力が無い。めまいがして動きが取れない。そこで入院の手続きを取る。入院手続きで娘夫婦はてんてこ舞いの忙しさだったが、私は病院のベッドでのんびり寝ていた。夕食時には、めまいもせずに9割を食べることができた。6食ぶりに食事を取ることができて、安心した。排尿は尿瓶でとって貰う。9時に消灯、ゆっくり寝入ってしまう。
9月22日、2時と4時に尿瓶。8時に朝食、10割を食べる。9時に簡易トイレ利用。その時に通常のトイレを利用する練習をする。9時半に一人で通常のトイレを利用する。その時自分の部屋番号が207号室であることを初めて確認する。その後、前の家のカバン屋さんが来る。ヘルニアの手術で入院しているといい、手術の穴5個をみせてくれた。10時に医師の問診がある。11時にトイレに行く。11時半に点滴を始め12時半に終わる。12時から昼食、10割を食べる。12時半にトイレに行く。13時半にもトイレに行く。退屈しのぎと歩く訓練に回数が多い。14時に娘がミネラルウォーターと歯ブラシとを持って来る。午前中は祖母のところへいっていたとのこと。14時半には看護師の指導で、薬の仕分けの作業をする。16時排便あり。歩く自信が出てきたので、3Fのカバン屋さんの部屋に面会行く。17時に顔拭きタオルを持って来る。17時半検温36.5度、お茶を配る。血圧測定。飲み薬配布。18時夕食18時半歯磨き、歩けない人の入れ歯は食事配膳担当が洗う。夕食は10割食べる。バナナ、牛乳、ナマリの煮付け、ニンジン・ピーマン・キャベツ・玉ねぎのコショウの効いた炒め物。20時50分トイレ。21時消灯。
9月23日 1時に排便。その際、よろめく。ベッドへ起き上がった時に、右上から左下へ流れる、よろめきを数秒間感じた。6時点灯、起床。左下から右上へ流れるめまいを30秒間くらい感じた。冷や汗も出た。6時半、トイレで排便。検温、36.6度。7時20分、顔拭きタオル配布、薬配布。7時40分、お茶配布。8時朝食、完食。ナメタケうす塩味、目玉焼き、ミカンの缶詰、梅干し、キュウリとちりめんじゃこの和え物。8時半、入れ歯あらい。10時身体をタオルで拭き病院着を着替える。10時15分、検温、36.1度、血圧測定130・60、点滴を開始。看護師の問診あり。10時40分前の家の甥が面会に来る。11時に帰る。私が入院した部屋は6人部屋だが2人しか入っていない。他の部屋も似たようなもので、日本の医療崩壊を現実に見ている感じだった。もう一人の同室者は脳梗塞の常習者。口はきけるようになったが、左足が遅れてくること、左手が物を持ったことを忘れ、落とすことが問題だと言う。明日、血液検査をして退院を決定すると言う。11時40分、お茶とお手拭きタオルが来る。11時55分食前薬配布。12時昼食・春分の日・特別行事食、トリの腿肉、リンゴ、卵焼き、マグロの刺身、菜の花のお浸し、オハギ。12時20分、点滴を外す。12時40分排尿。点滴をすると調子が良くなる。何の不自由もない感じ。14時、検温36.5度。14時半娘夫婦が来る。14時半排尿。16時娘が再度書類・入院申込書を持って来る。16時半、排尿。ポータブルトイレの掃除。17時顔拭きタオル配布。17時10分検温、37.1度。17時半、血圧測定117・70。17時35分、明日の検査計画表を持って来る。18時夕食、すき焼き、湯豆腐、キュウリの味噌和え、キウイフルーツ、牛乳。18時半、排尿。20時45分排尿。21時消灯。
9月24日 0時半排便。6時、点灯、排便、検温36.4度。起床時に20秒間くらいめまいが続いて動けない。吐き気も5分くらい続く。7時血液採取、3本。血圧測定145・79。7時15分顔拭きタオル配布。7時半、ポータブルトイレの掃除。7時45分お茶配布。7時55分薬配布。8時朝食。8時20分主治医問診。今後のことについて、午後、相談したいとの話。9時採尿。10時腹部と胸部のレントゲン検査、心電図検査。待合室でカバン屋さん、運送屋さんに会う。11時点滴を開始。11時半にお手拭きタオル配布。45分お茶配布。12時昼食、ぶりの照り焼き、リンゴ、ハムとミカンのサラダ、ホーレンソウの金糸かけ。昼食前に足を怪我したメル友から、携帯にお見舞いの電話がきた。便利な世の中になったものだと驚いた。13時50分検温36.4度。血圧測定。14時半、排尿。15時主治医が来て病気の説明をする。病名は「良性発作性頭位性眩暈症」と言い、メニエール病との違いは耳の障害がないこと。メニエールは三半規管のむくみで生ずるが、この病気は傾きを感ずる石のずれで生ずるもので、音の聞こえに関係無い。小脳の欠陥でも同じ症状が出るが、鼻を交互に指差すテスト、両手を開閉するテストで、その可能性は無い。対策は症状が通り過ぎるのを待つだけ。めまい止めと吐き止めの薬を出すので、それで様子を診て欲しいとのこと。市販のトラベルミンでも良いと言う。原因もわからなければ、予防法もわからない。何時、何処で起こるかわからない、と言うもの。病院に居ても治るものでも治るものでもないので、日常生活の中で治したらどうかと言うことで、明日の午前中の退院が決定した。めまいは、放っておけば治るので心配ない。しかし、吐き気は水が取れないので心配。更に、既に他の病気の薬を服用している人は直ちに入院して点滴をして吐き気を押さえることが必要とのこと。習慣性があって繰り返すことがあるけど慌てないこと大事。17時15分検温36.8度。血圧測定147・69、お茶配布。17時半、お茶配布、お手拭きタオル配布、飲み薬配布。18時、夕食、かに玉、竹輪・ニンジンの煮物、アスパラガスのバンバンジーかけ、トマト、牛乳。19時、娘が勤務を終えて面会に来る。21時消灯。23時排尿。
9月25日 1時排尿。3時寝汗で目を覚ます。排尿。5時半、行きずりの恋物語の夢で目を覚ます。夢は呑気なものだ。排尿。寝汗も酷い。めまい30秒。6時20分点灯。検温、36.6度。7時、顔拭きタオル配布、ポータブルトイレの掃除。25分排尿と排便の回数調査。45分お茶配布。8時、朝食、ナメタケ塩味、凍り豆腐とさやいんげんの卵どじ、ミカン、白菜とちりめんじゃこのナマス、味噌汁。30分主治医問診、たいした病気ではないので気にしないで、とのコメント。9時入院費の請求書を持って来る。直ぐにに事務局へ清算に行く。14.307円。30分ゴミ箱収集。9時30分看護師室から薬と診察券が届く。娘に迎えの依頼をする。10時帰宅。11時娘の家で昼食。家で動くと直ぐに肩が張り、息切れがしてくる。腰は痛くなり、原状復帰には日がかかりそう。それでも、自宅は気分的に開放される。日柄物なので、のんびり直していきたい。
[PR]
by kittajp | 2009-09-25 13:46 | 良性発作性頭位性眩暈症 | Comments(0)

救急車

3時にトイレに行こうとしたら目まいに襲われろ。同時に嘔吐も酷く、やっとトイレに行き、嘔吐の始末をする。7時半になっても、目まいと嘔吐は止まらず、救急車を呼んで町立病院へ行く。そこで、目まい止めと嘔吐止めを点滴したら良くなり帰宅。ところが、帰宅して、床に着く前に、また嘔吐と、目まいが出てくる。目まいと嘔吐の症状は続き、12時に薬を飲むために、水を飲むのがやっとの、体力。娘が出かけていたので、お婿さんが面倒を見てくれた。病院では、泌尿器科の医師が診察し、連休が明けないと検査ができないので、連休明けに来てくれとのことで、目まい止めの薬をくれただけ。しかし、ほとんど効かない。パソコンも体力がなく、当分、無理な感じ。
[PR]
by kittajp | 2009-09-20 15:30 | 良性発作性頭位性眩暈症 | Comments(0)

歯が痛い

b0070657_16162591.jpg
最低気温16度、室温24度、最高気温29度の予測。風邪の方は良くなった感じ。喉の痛みが無くなり、腰の痛みもなくなる。ダルさが少し残るだけ。しかし、胃腸の調子が良くない。重い感じがする。その上、今朝は猛烈に歯が痛い。5連休の初日に歯が痛くなるのは、最悪。救急医を新聞で捜したが、見つからない。堅いものを食べずに我慢しよう。記念すべきシルバーウイークなのに、旅行に出かける気力はない。天気も全面曇りではっきりしない。富士山は暗い空に頭を少しだけのぞかしているだけで、写真を撮りに行く行くほどの魅力は見せない。洗濯を始めて様子を見る。昨夕、新顔の総代さんが、秋彼岸大供養会の通知文を持ってきてくれた。何時も、配ってくる総代さんが入院して、その代りだと言っていた。シルバーウイークを歓迎できないのは、私だけではないようだ。娘は、今朝早く軽井沢プリンスホテルへ向かって出かけた。世間並の行動だ。大学のクラブの同窓会で、近くの喫茶店の子と一緒に出かけると言う。私は身体をいたわりながら、家で雑誌を読み、テレビを見る。ヤンキーズとマリナーズの試合を見る。午後は、リバーサイドアピタへ行き、スターバックスでトールラテを飲む。しかし、カフェラテの牛乳がお腹にこたえて調子が悪い。その後、テレビで、映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 」を見る。「クレヨンしんちゃん」シリーズ劇場版第10作。ある日の朝、庭を掘り返した飼い犬のシロが、古い文箱を発見。中には下手くそな文字で「おひめさまはちょーびじんだぞ」と書いてある。その日の夢に出てきたおねいさんが「おひめさま」なんだと思った瞬間、しんのすけは戦国時代にいた。そこで春日家の家臣・井尻又兵衛とおシリ合いになる。野原一家が天正2年にタイムトラベルし、騒動に巻き込まれる「クレヨンしんちゃん」シリーズ10周年記念作品。ち密な構成と設定、よく練られたシナリオやギャグでたっぷり笑わせた後は、又兵衛が鉄砲で撃たれて息を引き取る感動的なラストシーンでほろりとさせる。ところで、「クレヨンしんちゃん」の作者の臼井儀人(よしと)さん(51)が11日から連絡が取れなくなり、家族が埼玉県警春日部署に捜索願を出しているが、まだ行方が分からない。無事で見つかって欲しい。私も現役時代からファンだった。10月18日投票の町長選候補の関係者が挨拶に来た。今朝、NHKテレビで山中湖のキバナコスモスを宣伝していた。今月いっぱい大丈夫だという。9月7日に山中湖花の都公園で撮った、白いコスモスと富士山をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-09-19 16:16 | 富士山 | Comments(0)

酒井被告関連ニュース

b0070657_15594032.jpg
最低気温16度、室温23度、最高気温27度の予測。寒くて血圧が下がらないので靴下を履き、ストーブを入れる。昨夜、胃腸の調子が悪くなったので、今朝は梅干しでご飯を食べる。昨夜、六郷からもらったブドウ・甲斐路も食べる。甘さは抜群だ。風邪の調子もイマイチではっきりしない。左の喉と腰が少し痛い。鼻が乾き、ダルさを少し感じる。義父の49日忌が10月25日に決まった。私は出席できるが、娘は友達の結婚式でハワイへ行くので欠席ということで今夜報告する。私も石和で開かれる教え子の同期会に遅れるが、その日に連絡すれば良いと思う。身体を休めるために、午前中は寝ころんでテレビを見る。ほとんどが、酒井法子被告保釈関連のニュース。鳩山新内閣関連のニュースはそっちのけだ。謝罪会見なのか、復帰会見なのか、復活会見なのか、テレビ局によってそれぞれ解釈が違う。拘置所へメイクさん、スタイリストさんが入って完全復活を狙っているとか、いろいろの分析が行われている。映画化や出版の話も競合しており、話題はにぎやかだ。昼食は甲斐市のラザウオークへ行き、紅福酒家で五目焼きソバを摂る。五目焼きソバと言うより、白菜焼きソバと言う感じでがっかりした。帰宅後1時間ほど昼寝をした。風邪は若干悪くなった感じ。多少、熱っぽくなり、身体がだるい。知人から、岡島友の会への新年度入会の依頼電話が来たが、とても他人ごとを考える余裕はない。1時間ぐらいかけて、Windows Vista Service Pack2(KB948465)をインストールする。夕食は六郷からきた、アジの開きと娘が作ったピーマンとチリメンジャコの炒めもので摂る予定。富士山はほとんど見えない。一昨日、八ヶ岳高原大橋で撮った八ヶ岳をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-09-18 15:59 | 八ヶ岳 | Comments(0)

クルマの事故

b0070657_15423329.jpg
今朝は最低気温16.7度、湿度60%だが、非常に寒く感じた。昨夜、良く眠れなかったためか。鼻水も出て止まらない。点鼻薬を使うが効き目はない。眠れなかった原因は、昨日、夕方のクルマの事故だ。清里から帰ってきて、車庫入れするときに変な音がするので、後ろを見たが、何でもなかった。ところが、少し心配になったので、夕食後、再度、クルマの横を見たら、車庫の支柱にこすっていた。その場所だけは、注意して見ていたはずだった。なのに、こすっていた。見ていたはずなのに、実際は見ていなかった。5月29日にも同じような感覚の事故を起こしていた。この場合は相手は車で、私は右折、相手は直進でコスッタもの。見ていたはずなのに、実際は見ていなかったという点で一致している不気味な事故だ。クルマの運転をやめるべきか、小さい車に変えるべきか、いろいろ考えているうちに眠る時間が無くなっていた。見ているはずなのに、見ていない、嫌な伝達機能の欠陥だ。老人現象だろう。でも、運転しないと生活できない。その欠陥を理解して行動することだと開き直る以外に方法はない、と言うのが、朦朧とした頭での結論。朝食には六郷からもらったポテトサラダを食べる。良い天気なので洗濯を始める。しかし、富士山は霞みがかかっていてはっきり見えない。10月18日の関ブロ局長OB会は6人の参加で修正するように旅館に連絡を頼む。先日の葬式の生花代を、新宿の公営社へ振り込む。今日は、娘の家から、オクラと豚肉の煮物、なすのお浸し、豆腐とオカカの煮物をもらう。夕食に摂る予定。11時に約束通り、日本生命の田崎さんが、記入済みの「保険金等の請求に関する特則の付加請求書」を取りに来る。12月31日で満期になるのにどうして、この手続きが必要か理解しがたいが、まだ、3か月先なので、必要と言えば必要だが意味が理解しにくい。今朝は彼岸花が咲いているのを見て驚いた。ホントに季節に正直な花だ。ミニトマトの花も盛んに咲いている。何時まで咲くつもりなのだろうか。昼食はラザウオークへ行く。紅福酒家へ行き上海海鮮焼きそばを摂る。ラザウオークの中を一周するだけで身体が疲れる。睡眠不足のせいだろうか。そこからアピタへ行きスターバックスでトールラテを飲む。暑い日になった。服を着替えるのに忙しい。朝は冬の服装、日が出て来ると軽い長袖、昼は半袖と短パンで夏の服装になる。鼻の調子は良くない。多少風邪気味。昨日、清里、清泉寮から撮った八ヶ岳をアップする。
[PR]
by kittajp | 2009-09-17 15:42 | 八ヶ岳 | Comments(0)