<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

キュイエット

b0070657_1630017.jpg
昨夜は六郷のお父さんの誕生日のお祝いを、韮崎市のフレンチレストラン・キュイエットで開いた。私も気に入っている店で期待していた。相変わらず新鮮で繊細、生真面目な料理でさらに気に入った。その上、富士山も綺麗に見え良い場所にあることが分かった。夜の景色も甲府盆地の夜景が一望され感激した。昨夜、六郷から貰ったワラビの卵とじも、今日の昼食に味わった。山菜は懐かしい味がする。今日は、何とか富士山が見えたので、富士山麓へ出かけた。まず、精進湖で富士山と桜を撮る。空がかすんで富士山がはっきり見えないうえ、桜の花は6分咲き位で、とても魅力的な写真にはならなかった。ミツバツツジも満開だったが、富士山との間にテントが沢山張られており、写真を撮る気にはならなかった。やはり湖畔のテントの数は昨年の半分の数で、震災の影響かと感じた。そこから、山中湖へチューリップと桜を撮る目的で回った。然し、桜は花が小さい富士桜しか咲いていないで、寂しかった。チューリップも咲いている場所はわずかで、しかも、花も茎の背丈も小さく、みすぼらしい景色だった。国道を走る車の数も少なく、渋滞していた場所は、富士吉田インターの出口で少し見られた程度で、例年のゴールデンウイークとは様変わりした姿だった。運転している途中で、渋滞でブレーキばかり踏んでいるので右の足首が痛くなって慌ててしまった。老齢化も進み具合に驚いてしまった。河口湖から西湖、精進湖とマラソン大会のランナーと並走する形になってしまったのが良くなかった。今日、山中湖花の都公園で撮った富士山と富士桜をアップする。
[PR]
by kittajp | 2011-04-30 16:30 | 富士山 | Comments(0)

『マイ・ブラザー』

b0070657_15542086.jpg
良い天気になった。そこで、精進湖の桜が見ごろになっていると思うので、富士五湖へ行くつもりだった。ところが富士山はシッカリ雲の中、洗濯をして、家でゴロゴロしながら、テレビを見て、ビデオを見る。昨夜、HISからハワイへの「出発のご案内」が届いた。それで、ようやく具体的な旅行計画を考え始めることができる。昼食は甲府イオンで「かかし」へ行き、黒和牛と牛蒡天ぷらうどんを摂る。もう田起こしが始まっている。娘は野菜の苗を植える支度をしていた。もう、そんな時期になってきたんだな。24日に精進湖で撮った富士山をアップする。今日見たビデオは、『マイ・ブラザー』ジャンル ドラマ 2009年 アメリカ 。スザンネ・ビア監督によるデンマーク映画『ある愛の風景』を、リメイクした人間ドラマ。戦場での“ある秘密”を抱えた帰還兵士とその妻、そして鼻つまみ者の弟を中心に、家族の崩壊と再生を描いている。戦争がもたらす心の傷と、それを家族の絆が癒すことが出来るのかを問う、戦争によって引き起こされる家族の崩壊と再生を描く感動作だ。サムとトミーは2人きりの兄弟だが、対照的な人生を送っていた。アメフトのスター選手として学生時代を過ごした兄のサムは、チアリーダーのグレースと結婚、2人の娘に恵まれる。その後、米軍大尉として功績を残し、人望も厚い男だった。一方、弟のトミーは、長年定職にも就かず、挙句の果てに銀行強盗で服役する。トミーの出所日、サムは数日後に戦地への出発を控えていたが、車で弟を迎えに行く。だが、出所したトミーの居場所はどこにもなかった。元海兵隊の父・ハンクは厄介者の次男に辛辣な言葉を投げつけ、グレースと娘たちも彼への嫌悪を隠そうとしない。トミーが唯一心を開くのは、母親を亡くし、寂しい子供時代を共に支え合った兄のサムだけであった。ところが、2007年7月、サムが戦地へ旅立って間もなく、サムの一隊がアフガニスタンで撃墜されたとの知らせが届く。現実から逃げるかのように酒に溺れるトミー。そんな彼は次第に、兄が何よりも大切にしていたグレースと娘たちを、自分が支えなくてはと思い始める。以前からグレースが使いづらいと嘆いていたキッチンのリフォームを進めるうちに、娘たちは徐々に笑顔を取り戻し、最初は迷惑そうだったグレースの気持ちも救われていく。グレースの誕生日にキッチンを完成させてからも、トミーは手直しを口実にグレースたちを訪ねる。そしてある夜、初めて本音を語り合ったトミーとグレースはどちらからともなく唇を重ねるのだった。罪悪感を覚えながらも、互いに惹かれていく2人に、ある日一報が届く。サムが生きていたのだ。この間、アフガニスタンでの戦場の動向、捕虜になって穴倉に閉じ込められ、拷問を受ける日々を同時進行で写し出していた。そしてついに、拷問の中で部下を殺すことになってしまう経緯も写し出されていた。その状況をアルカイダはビデオに記録していた。グレースやトミーたちは、空港に降り立つサムの痩せ細った姿に驚きながらも再会を祝う。地元のテレビは「英雄の遺体、帰国」と大々的に報道する。だがサムは、もはや以前のサムではなかった。突然わけもなく激怒しては、娘たちを脅えさせ、やがて彼は、執拗にトミーとグレースの仲を疑い始めるのだった。そんなある日、妻グレースの誕生パーティーの宴席で、サムは、風船を持って音を立てる次女イザベルをしかりつけ、風船を割ってしまう。それに気分を壊して反抗したイザベルは、父は戦場で死ねばよかった、トミーとグレースはいつも寝ていたとしゃべる。後で、グレースは、イザベルに、どうしてあんな嘘をいう、と聞いた。それに対し、イザベルは、お父さんが嫌いと答える。サムは一人でピストルを持ちながら、台所で暴れている。其処へ駆けつけたグレースに対し、「家に戻るために何をしたと思う。俺の家で、俺の弟と寝たのか」と言いながら台所を目茶目茶にしている。其処へ、トミーが駆けつけ、二人は抱き合うが、直ぐにサムは弟に拳銃を向ける。そこへパトカーが到着し、トミーは「これは家族の問題だ」と言って介入を拒むが、サムは警察に取り押えられる。30分の面会時間に、グレースは、どうして自分をいじめるのか、何があったか話してほしいと言う。サムは部下を殺したと告げる。そして、戦争は死んだ者だけが終わる。私は再び生きることができるだろうかと言って、二人は抱き合ってエンディング。アフガニスタンでの戦場風景、拷問の描写は怖かった。戦争がもたらす悲劇をシッカリ味わった。
[PR]
by kittajp | 2011-04-29 15:54 | Comments(0)

花粉症

b0070657_1652275.jpg
昨夜の雨は明け方に止んで、綺麗な青空が出てきた。湿度は急に上昇し、ジットリとした空気になる。乾燥状態が止んで花粉症が良くなるかと期待したが、この冬一番と言うくらい具合がよくない。鼻水は止まらないうえに、目のかゆみはこれまでになく酷い。娘に、医者に行けば、と言われたがそれ程でもない。医者には2月中旬に、眼医者さんから目薬を貰って以来行っていない。もともと、花粉症ではないかと、気づいたのは、この冬の12月初めだった。花粉症は、患者が空中に飛散している植物の花粉と接触した結果、後天的に免疫を獲得し、その後再び花粉に接触することで過剰な免疫反応、すなわちアレルギー反応を起こすものである、と言われている。転地すれば良いかと思ったが、一度、アレルギー反応を起こすと転地しても効果は無いと言う話だ。耐えるほかないのだろう。花粉症は国民病と言われるように、国の政策の誤りだ。豊かな里山を杉とヒノキの人工林に置き換え、自然を破壊した国の政策の犠牲だ。自然豊かな山の上まで林道を造成して、自然を破壊してまで造林を進めた国の政策の犠牲になっている。手抜き工事で原発を造成した今回の災害と同じものだろう。我々の世代が後世に残した負の遺産だ。昼食は甲府イオンで「かかし」に入り、「小町懐石」を摂る。最も人気の無いレストランだったが、私は好きになりそう。老人向きのメニューが気に入ったのかも知れない。その後、イトーヨーカ堂近くの文具店「インクポット」へ行く。庭のアヤメが咲き出した。歌舞伎公園で開かれているボタン祭りの人でも多い。富士山も綺麗に見えている。24日に河口湖・大石公園で撮った富士山と花モモをアップする。
[PR]
by kittajp | 2011-04-28 16:05 | 富士山 | Comments(0)

サイゼリア

b0070657_1694654.jpg
風が強く酷く荒れた天気だった。車へ乗っていても、車が飛ばされそうになるほど強い風が吹いて怖かった。冬タイヤから夏タイヤへの交換に南アルプス市のタイヤ館へ出かけた。ぎっくり腰が怖く、タイヤ交換を業者に頼んで6年目ぐらいになる。それだけ非力になり、タイヤを持ち上げることが難しくなったと言うことだ。したがって、保管もそこへお願いしてあるので、タイヤへ自分の手で触ることもなくなり、気分的に楽になった。タイヤを夏用に交換する時期は、例年、河口湖の桜の写真を撮った後と言うことにしている。その後は雪が降っても富士五湖へは出かけないことを前提にしての計画だ。昼食は甲府イオンのイタリアンカフェ・サイゼリアへ行く。イタリアンカフェ・サイゼリアは甲府駅前にもあるが、いつも、高校生で一杯なるので、気後れして入ったことはない。ところが、甲府イオンは郊外店なので高校生は平日に入ってこない。そこで、やっと入る気になった。当然安く上がると思っていたが、結局美味しくない料理に、普通の金額を払ってしまった。ピザ400円、サラダ300円、ドリンクバー180円で合わせて880円になってしまった。味付けは、若い人向けに塩味が強く、老人には向いていないことが分かった。今日は娘の誕生日だった。早く家に返してもらってケーキで誕生日を祝いたいと言っていたが、職場の許可が取れるかどうか注目したい。毎日帰宅が10時過ぎと厳しい職場だ。24日に河口湖・大石公園で撮った富士山と桜をアップする。
[PR]
by kittajp | 2011-04-27 16:09 | 富士山 | Comments(0)

ビュッフェ

b0070657_16373492.jpg
曇りがちの天気だった。その上、2時ごろから小雨が舞ってきた。庭の草取りをして、役場へ地籍調査の集積図を貰いに行く。昼食は昨日に続いて、甲府イオンのメゾンドビュッフェへ出かけた。続けて同じ所へ行った理由は、顔見知りのウエイトレスさんに頼まれたことも一因だが、昨日は、先にアイスクリームを食べすぎて、料理全般に味見をすることができなかったからだ。そこで、今日は野菜サラダから始めて、各料理を味見して、デザートは最後にした。オムライスが美味しかった。でも明日も続けていくかと言うと、それ程の魅力もない。続けて行ったバイキングは、ケーキのシャトレーゼが開いているお店だった。そこは、ラタトゥイユが美味しかったので続けて行ったが、料理の種類が少なくて行かなくなってしまった。ビュッフェ形式の食事はワイキキの朝食でよく使う。ホテルでは、ハワイプリンスでしゃぶしゃぶが出てくるので続けて行った記憶がある。今度行くときは、キティーちゃんのビュッフェへ行ってみたいと思っている。ビュッフェ形式の食堂は一人で行っても気楽に入れるところも魅力だ。昨年、シェラトンワイキキのビュッフェへ行ったときにも、何処から来たかと聞かれるなど興味を持たれた。また、昨年、ワイキキ・マリオットの朝食ビュッフェへ行った時にも、興味をもたれ、何処から来たかと聞かれた。一人旅には向いている。もちろん、朝食を摂るようになったのは、老齢化して朝、早く起きるようになったためだろう。それ以前は、ブランチが普通だった。前の家で、ファックスが来ているがどうしたら良いかと聞いてきた。他人に家のファックスの使い方なんかわからないので、眺めていたら、自動的にプリントしてきた。大学から子供への連絡だった。一昨日、河口湖・円形ホール前で撮った富士山と桜をアップする。
[PR]
by kittajp | 2011-04-26 16:37 | 富士山 | Comments(0)

メゾンドビュッフェ

b0070657_15552481.jpg
今日も良い天気だった。気温はあまり上がらず適当に風もあって心地よい薫風を感じた。娘が紅葉の葉が綺麗だね、と言うので見たら1週間足らずで葉っぱが出揃っていた。若葉が朝日に映えて綺麗に見えた。庭の草取りをして昼食は甲府イオンのバイキングレストラン・メゾンドビュッフェへ行く。山梨では、本格的なビュッフェ形式のレストランは初めてのお店なので、開店以来混んでいて入る気がしなかった。ところが、今日は空席が目立っていたので入ってみた。税込1500円弱で料理の種類も多く、噴水チョコレートもあり楽しかった。以前、中央市のロックタウンにあったイタリアンのお店・ピュッツアに勤務いたウエイトレスが居て、顔を覚えていてくれた。今日はアイスクリームを食べすぎて胸焼けがする。サラダの食材も多く、煮物野菜も揃っていて食べやすかった。リーズナブルな値段だと思った。若い子が多く、年寄りは尻込みしている感じだった。それでも、子供に背中を押されて入ってきている。甘いものを摂ることを抑えてまた行ってみよう。昨日、河口湖・長崎公園で撮った富士山と桜をアップする。
[PR]
by kittajp | 2011-04-25 15:55 | 富士山 | Comments(0)

富士五胡の桜

b0070657_152328100.jpg
最近、富士五湖の桜は気になっていた。でも今年は、富士山が見える日は極めて少なく気をもんでいた。ところが、昨夜の天気予報では富士山麓も晴れの予報、昨夜から期待していた。昨日、一日中降っていた雨も、今朝の明け方には止んで綺麗な月が見えていた。明るくなるのを待って、洗濯をし、6時40分に家を出る。芦川渓谷に入ると桜の木は新緑の雰囲気で心配になってきた。でも、精進湖では開花前の状態。本栖湖は6分咲き。ところが河口湖へ入ると丁度、満開の状態。7時40分に大石公園にクルマを入れる。そこから長崎公園まで歩く。すでに、大勢のカメラマンが各ポイントに三脚を据えて光線が最高の状態になるのを待っている。私は、散歩が目的なので、着いた時点で最高の光線状態になっているポイントで撮ってきて満足するから時間はかからない。8時半に大石公園の運動場に戻ると、ごみ袋を持った地元の人たちがごみゼロ運動の集会を開いていた。300人くらいはいた。観光地の住民も、それなりに大変だと感じた。そこから、円形ホール前まで車を移動する。その間の県道の両側にクルマが駐車しており、警察の車が取締りを始めていた。円形ホール前も桜が丁度満開で素人カメラマンが一杯だった。カメラマンは富士山が綺麗に見える10時前に居なくなるが、10時からは一般観光客で賑やかになると言う。本栖湖は満開だが富士山が一緒に撮れない。野鳥公園と精進湖は未だ、開花前の状態。でも、今年も富士山と桜が撮影出来て良かった。昨日から一転して良い天気になった。今日、河口湖・紅葉トンネルで撮った富士山と桜をアップする。遠景に、富士ビューホテルの桜も見えている。
[PR]
by kittajp | 2011-04-24 15:23 | 富士山 | Comments(0)

『ナルニア国物語3』

b0070657_1550242.jpg
天気予報通り、朝から雨になり一日中降っている。いわゆる春雨で細い絹糸を引くような雨が柔らかく降り続いていた。朝一で、公民館の監査に行く。証拠書類も整然と整理されており、収入も会費収入なので間違いなく、支出も倹約に努めておりおり、全く問題がなかった。雨が降っているために気温は上がらず、急に寒くなった感じ。ユニクロに買い物に出かける。老臭が気になるので、シルキードライのブリーフを買った。効き目があるかどうかは、少し履いてみないとわからないので試しに買ってみた。ついでに衝動買いで、ハワイ用に790円のドライハーフパンツも買った。ホノルル空港で着替えるものにする。その後、第2巻まで見ていたので、気になっていた映画を見る。12日に「みたまの湯」隣接の公園造成地で撮った景色をアップする。今日見た映画は『 ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 3D』 SF/ファンタジー 2010年 イギリス 映画。兄ピーターと姉スーザンが両親とアメリカに滞在している間、ペベンシー家4人兄妹のエドマンドとルーシーは、ケンブリッジに住む親戚の家に預けられる。しかし、いとこのユースチスは理屈っぽく利己的な性格で、2人に意地悪ばかり。そんなある日、壁に掛けられた帆船の絵が動き始め、たまたま絵の前にいた3人は吸い込まれてしまう。そのままナルニアの大海原に運ばれた3人は、王となったカスピアンの帆船に助けられ、行方不明になっている7人の貴族を捜す旅に同行することになる。カスピアンは、亡き父の7人の友人が東の海に向けて旅立った、そのあとを探す航海の途上であった。ルーシー達はそのまま船に乗ってカスピアン一行と共に、ナルニアの東の果てに向かう。海も立ち寄る島々も不思議に満ちていた。最初に離れ島諸島に行く。そこで奴隷商人に全員が捕まってしまう。でも、その牢で七卿の一人ベルン卿と会い7本の剣の存在を教えられる。次は、声の島に行く。魔法使いのコリアキンにアスランのテーブルに7本の剣を並べると悪の魔法が解けることを教えられる。次は金水島へ行く。そこで、財宝に目を奪われたユースチスはドラゴンに姿を変えられてしまう。ドラゴンに姿を変えられたユーチスに船を引っ張ってもらい、ラマンドゥの島に到着する。そこで3本の剣を見つける。青い星の精・リリアンディルによって、暗闇島に7本目の剣があることを教えられる。そこで大ウミヘビに襲われる。そこで、ウミヘビとユーチスが変わったドラゴンの戦闘になる。形勢不利となった時にルーシーがアスランに助けを頼む。ライオンの姿をしたアスランは駆けつけ、ウミヘビは撃退され、ユースチスは元の姿に戻り、7本目の剣を並べることができた。同時に魔法の霧は晴れ、魔法が解ける。そこで、別れ、3人組の子供は元の部屋に戻る。盛りだくさんのストーリーが詰め込まれるためにわかりにくい。でも、思いがけない場面が展開して面白かった。3Dも効果的に使われ楽しめた。
[PR]
by kittajp | 2011-04-23 15:50 | Comments(0)

加賀百万石展

b0070657_15272030.jpg
朝から曇り空。岡島百貨店で開かれている「加賀百万石の物産展」へ行く。ところが、会場に着いたら景品引換券が無いのに気づく。そこで、慌ててみても仕方がない。諦めて、少し買い物をしてくる。玉寿司の笹寿司、和楽紅屋の和ラスク、かぶら寿し本舗のかぶら寿し、ホタルイカの煮物などを買う。全般に人の出は少なかった。ロールケーキが置いてないからかと思った。昼食にかぶら寿しを食べるが、ブリの油が強すぎて美味しくなかった。三省堂でハワイ関係の本を買う。出かけるまでが楽しみだ。銀行で少しドルに換える。全部20ドルにしたら「行員が20ドルを集めるのが趣味ですか」と聞いてきた。田舎の銀行だと感じた。そこで、20ドルが一番使いやすいと言う理由を説明してあげた。身延線沿線は、ソメイヨシノは散り、八重桜が少し残っていた。ヤマブキが咲き、ドウダンツツジが咲き始め、花モモが派手な色の花を咲かせている。ワンマン電車は老人には乗りずらいようだ。全く如何して良いかわからず、周りの人の手助けで降りて行った。田舎では馬鹿では電車に乗れないと思った。12日に「やまなみの湯」近くで撮った桃の花をアップする。
[PR]
by kittajp | 2011-04-22 15:27 | その他 | Comments(0)

電子渡航認証システム

b0070657_1624513.jpg
昨夜、旅行社から電話が来て、一昨日注文したハワイのホテルが、希望通り取れたとの連絡が来た。何時ものことだけど、少し心配していたので一安心した。最近は、このホテルの評判が良くて、予約がとりにくいと脅かされていたのでホッとした。繁華街のど真ん中に有って、値段が安いので良く使っている定宿の様なホテルだ。部屋もいつも使っている部屋が取れて良かった。そこで、ESTA(Electronic System for Travel Authorization)アメリカ電子渡航認証システムの申請を行った。前回の申請が今年4月初めで切れている。そこで、申請の手続きを行ったが、お金を14ドル取られたのには驚いた。その上、金を払って申請したのに、かえって来た返事は、渡航認証保留の通知が届いた。と同時に、このウエブサイトに戻り、申請状況を確認してくださいと言うコメントがついてきた。詐欺にあって14ドルをタダで騙し取られた感じがしたが、1時間ほどして、申請状況の確認手続きをとったら、ようやく渡航認証許可が届いた。どうせ、ホノルル空港の入国審査では、5本指の指紋を取られ、写真も取られての審査があるのに、更に面倒で分かりにくい手続きをさせるのか理解できない。最初にグールでESTAを検索して最初の項目を開いたら、ウイルスバスターの警告が出た。詐欺まがいのサイトがあるようだ。たとえ14ドルでもカードNOを入力するので、グーグルは身元をシッカリ調査して欲しい。とも角、これで、渡航前の手続きは終わった。そこで、今度は運転免許証の更新期間が近づいてきたので、高齢者講習の申し込みをした。直ぐに受けられると思ったら、5月30日まで空いていないと言う。そこで、別の講習場所をあたったら、5月20に空きがあると言うので、そこに申し込んだ。前回は、申し込みをした翌日に受講できたのに、今回の混雑ぶりに驚く。それだけ食い物にできる老人が増えたと言うことだ。老人を食い物にしようとする官僚の考えそうなことだ。相変わらず、公務員だけは不景気は関係ない。草取りをして、昼食は甲府イオンへ行って、カツオを中心に回転寿司で済ました。さすが、寿司を食べ飽きた感じがしてきた。12日に「みたまの湯」隣の公園造成地から撮った桜をアップする。
[PR]
by kittajp | 2011-04-21 15:59 | その他 | Comments(0)