<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

熊蜂が来なくなった

b0070657_16165015.jpg
最低気温24.7度、最高気温36.度、湿度50%。3日連続の熱帯夜が途切れた。久しぶりの夕立の贈り物だ。雷が鳴り、一時的に酷い豪雨に襲われ、北からも南からも雨が吹き込んでガラス戸を閉めるのに忙しかった。でも、温度が急激に下がって快適な夕方を迎えることが出来た。そこで、懸案だった、六郷から貰った鰻の蒲焼を食べることにした。最近有名な鹿児島県・大隅産の長焼き・1尾をまるごと食べた。気温が下がったところで、少し遅れた丑の日をユックリ味わった。夕立も一時的とは言え、豪雨と雷で怖い思いをするが、涼しさを呼び込んで呉れて有難い。今朝は、昨日に続いてラベンダーの刈込をして、ゴミに出した。早生種は未だ茎が蒼いので残して置いた。でも、4日ほど前から、突然、クマン蜂、ミツバチ、蝶々が来なくなったのは残念だ。急に寂しくなった。それが、ラベンダーの刈込をする契機になった。10時頃、六郷からスイカ、蒲鉾、ソーセージ、などが届く。昨夜、娘の亭主が帰宅したので、その為の差し入れだ。だが、本人は出かけていて会えずに残念だった。本を少しだけ読み、昼食はイオンモールの大戸屋で「メバルの煮付け」を摂る。昔,網代で何匹か釣った記憶が有る。目が飛び出てくるのでメバルと言うと聞いていた。淡泊な魚だ。蚊の撃退の為に、草取り用に使っているが効き目が落ちているのでキンチョールを探していたが、アースジェットに追われて中々見つからなかった。でも、我が町のウエルシアでやっと見つかった。キンチョーは昔の勢いは無くなっているが、使い慣れた物なので、それを買った。ユニクロに寄ったが、折り込みチラシと違って、夏物は少なく、完全に秋冬物が並んでいた。夏物のバーゲンを買おうと行ったが、期待を裏切られ、夏物は殆んどなかった。世の中の動きは早い。昼寝1時間。25日に山中湖村で撮ったノカンゾウをアップする。



[PR]
by kittajp | 2015-07-31 16:17 | 富士山 | Comments(2)

ラベンダーの剪定

b0070657_16250813.jpg
最低気温26.0度、最高気温36.3度、湿度50%。3日連続の熱帯夜になった。朝は曇がちだったが、直ぐに暑い太陽が出てくる。心配しながら洗濯を始めたが、結果的に、雨の降る気配はしなかった。洗濯物は良く乾いた。富士山は全く見えない。昨日、汗を掻いたことで、怖気づき、今日の草取りは陽が出るまでで、終わりにした。この3日ほど、ラベンダーに蜂や蝶々が来ないので、半分ほど剪定した。未だ30本ぐらいは花が残っていたが、蜂にしたら魅力的な蜜が無いと感じて来なくなったものだろう。剪定する時にはシジミチョウが2匹ほど飛んでいたが、無視して剪定を始めた。穂先が洗濯物の障害になり邪魔になるので仕方が無い。草取りをサボった時間を読書に当てようと考えていたが、8時を過ぎると暑くなり、読書も計算通りに進まない。昼食は、イオンモールの大戸屋で「カレイの塩焼き定食」にした。1匹まるまる食べたがサッパリして美味しかった。イオンモールでは、コピー用紙、ほうれん草、玉子、ポカリスエットを買って来る。草取りの際に使うキンチョールを探したが見つからなかった。未来屋書店に寄る。芥川賞の又吉さんが、俳句集を出していたのには驚いた。また、都内散歩のエッセー集を出していたのにも驚いた。反面、芥川賞を取るには、それだけの蓄積が有ったのかと納得した。帰宅後は36度の部屋で1時間半、昼寝をした。暑いのに良く眠れるものだと自分でも驚いている。寝ている間に熱中症にならずに良かったと考えながら、慌てて、ポカリスエットを飲む。今日は、夕方の気温が低く、風も出て、夕方は過ごし易かった。25日に山中湖村で撮ったアメリカンポピーをアップする。



[PR]
by kittajp | 2015-07-30 16:25 | 富士山 | Comments(0)

蒸す

b0070657_16102781.jpg
最低気温25.4度、最高気温34.6度、湿度60%。朝は小雨が降っていた。昨日に続いて、今年2回目の熱帯夜になった。富士山は全く見えない。天気予報を信じて、曇っていたが洗濯を始める。物干し棹に溜まっていた雨滴を拭いて、洗濯物を干すが、湿度が下がらず、日も出て来ない。洗濯日和で無ければ、草取り日和と考え、やけっぱちで庭の草取りを始める。10時頃になって陽が出て来たが、汗ばかりが出てきて目が開けられない。汗バンド無いと手が付かない。取り敢えず、ねじり鉢巻きを考えたが、作業を止めることにした。そうでなくても、暑くて休む時間ばかりが増えて能率は上がらない。お墓の草取りに行こうかと思っていたが、ボランティアの小母さん達に任せることにした。信仰でお墓の草取りをしているので、暑さなどは問題にしていない。信仰の力は凄い。方丈さんの法話が効いているのかも知れない。奇特な行為に甘えることにした。功徳をたくさん積んで、素敵な来世を迎えて欲しい。私は、現実の世界で、これ以上汗を掻くのは堪らない。昼食は、イオンモールの大戸屋で、「チキンかあさん煮定食」を摂る。その後、冷房が効いたショッピングモールの中を散歩した。スマホの記録では2キロ歩いた。洋品店が1軒クローズしていた。昨日は店頭に並んでいた芥川賞の「火花」は売り切れになっていた。代わりに直木賞の「流」が平積みされていた。帰宅後、暑い部屋で1時間、昼寝をした。室温35℃の中で良く眠れるものだと思うが、不思議に良く眠れる。体調は3年ぐらい前より良くなっている感じがする。肩が張ることも少なくなっていることは確実だ。今朝は蒸して気持ちが悪かった。25日に山中湖花の都公園で撮ったポピーをアップする。




[PR]
by kittajp | 2015-07-29 16:11 | 富士山 | Comments(2)

歯医者

b0070657_16255615.jpg
最低気温26.5度、最高気温36.4度、湿度50%。朝は小雨が降っていた。そのうち陽が照り出して来た。でも、予定通り庭の草取りを始める。1週間たつと見苦しくなる。目だった所だけに絞って、最小限の草取りをする。富士山は全く見えなかった。お盆が近くなり、お墓の草取りが気になったので、様子を見に行く。ボランティアの小母さん達が、良く草取りをしてくれて、綺麗になっていた。でも、勘当された侠客・鬼神喜之助の墓は全く除草してなかった。日本侠客100選にも選ばれており、尋ねる人も居るだけに、草取りが出来る間はしておかないと良くないと考えた。そうでないと、良い場所にあるので、ゴミ捨て場になって仕舞う。そう考えて、夕方、除草剤を「スーパーくろがねや」に買いに行った。入れ歯の調子が良くないので、甲府の歯医者に出かける。咬み合わせが悪く、こすれて歯肉に傷が出て来た。入れ歯が仕上がった当時から有った、具合が悪い場所だが、どの場所かハッキリ伝えることが出来なかったが、今回傷になったので、プロに見て貰えれば、悪い場所が分かると思ったから、昨日予約した。今日を予約した原因は、天気予報で涼しくなると予報したからだ。ところが、今朝は、今年初めての熱帯夜で、今日は昨日と変わらない、37度近い最高気温になった。毎日、猛暑日が続き、かなり鍛えられてきた。猛暑日なんか怖く無くなってきた。娘が忘れ物をして、甲府の歯医者まで昼休みに取りに来た。私が、忘れ物を歯医者まで持って行って渡した。義理の姉に甲府駅で合った。長女の息子が夏休みで遊びに来ているということで、孫は虫かごを持っていた。23日の義父の七回忌を宜しくお願いしますと頼まれた。こちらこそお世話になりますと答えて置いた。お茶でも誘えば良かったかなと反省したが、暑すぎて、そんな気の利いた言葉は浮かんでこなかった。歯は、方々削って、良くなりましたか?と聞かれたが、食べて見なければ分からないと答えた。帰宅後、ピーナツを食べたが不自由は無いので、少しは良くなった感じがする。診察費50円なので、贅沢は言えない。26日に河口湖で撮ったねむの木の花をアップする。




[PR]
by kittajp | 2015-07-28 16:26 | 口腔外科 | Comments(0)

直木賞受賞作「流」

b0070657_16120535.jpg
最低気温24.4度、最高気温36.6度、湿度50%。朝から晴れていた。富士山は良く見えていたが、10時には雲の中に入っていた。今朝は、少し体調が落ちて、庭の草取りの時間に二度寝をしていた。昨夜、遅くまで起きていたことも原因だ。娘が、早く出かけたのも気付かずに寝ていた。直木賞受賞の「流」の読後感をまとめる。日本軍の侵略、それに続く共産軍と蒋介石の国軍との戦いでの混乱に起因する物語だ。未来書店には、一時無くなっていた芥川賞受賞作の「火花」が店頭に並び始めていた。なお、昼食はイオンモールの大戸屋で、「チキンかあさん煮定食」を摂る。今日まとめた、「流」、その概要は次の通り。「流」東山彰良著 講談社・今回直木賞受賞。物語は、青島の碑文に祖父が56人の民を惨殺したことが記されているのを見ている所から始まる。その祖父が殺されたのは1975年、台湾に住む主人公・秋生が17歳の時だった。蒋介石総統が亡くなった年で、お店の浴槽で手足を縛られて浮いていた。主人公・葉秋生はお金の為にした替え玉受験が見つかり進学校を退学処分になった。そこで、父から兵役に行くか、馬鹿高校に行くかの選択を迫られ、馬鹿高校に行くことにした。友達の小戦がポンティアックのファイアーバードを買ったので、それを乗り回した。小戦はヤクザ仲間に入り、お金はが入った様だ。ある日、警官が訪れ、植物園に集まる年寄りと、祖父が激しい言い合いをしていたという話しを聞いたので、その方面の犯人捜しをしていると報告が有った。秋生は大学受験に失敗し、陸軍軍官学校に入学したが、半年で自主退学した。19歳になり、幼友達の毛毛と付き合い始めた。ヤクザが捕まえた男が祖父の青い靴を持っていたので、ヤクザに家に小戦と乗り込み、その際、小戦は警察につかまって仕舞う。秋生は陸軍軍官学校の独房に入れられ、入営することになった。1979年、2年間で除隊して出て来た時には、毛毛は医者と結婚した居た。毛毛と秋生は兄弟の可能性が出て来たことが原因だった。秋生は、仕事の関係で日本に来て夏美令と付き合い始めた。祖父が殺されて10年が経過した。小戦は6年振りに出所した。その頃、秋生は、古い写真を見て、宇文叔父さんと、祖父に殺された男の子供は同一人物ではないかと気付く。それを確かめる為、当時は難しい、本国行きを決断する。北京経由で青島に行き、この本の最初に出て来た、碑文を見ていると、宇文叔父さんが出て来た。宇文叔父は、祖父殺しを認めた。秋生は、そばに有った石で、殴り殺そうと石を振り上げたところで、子供に拳銃で撃たれた。親が祖父に殺された子孫の子供だと言う。秋生の傷は、あとが残らない程になり、秋生は日本に来て夏美令と結婚の約束をする。中国の共産党と国民党との戦争の過程で生じた、問題の背景が面白可笑しく語られ、楽しく読んだ。続いて、昨日、お寺さんで貰った冊子を読んだ。高野山の「女人哀話小杉物語・女人堂に由来」と言う本だった。越後の宿・紀の国屋の娘・小杉が、高野山詣でを計画したが、高野山の境界で女人は立ち入れなかった。そこで、持っていた金子を差しだして、女の人がお茶でも飲める小屋を作って欲しいとお願いしたことが契機となって、方々の登り口に女人堂が建てられたという。もう1冊は「お照の一燈」と言う冊子で、捨て子のお照が、養い親の功徳の為に、自分の髪の毛を売って高野山に小さな灯篭を献上した。その灯篭は、御大尽の一万の立派な灯篭と同じ日に点灯式を迎えた。その時一陣の風が吹き、御大尽の万燈は全部消えて真っ暗になって仕舞った。しかし、お照の一燈だけは明るくj輝いていた。信仰は金の力ではない、真実の心が大事だと、御大尽は反省したと言う話。高校野球の県の決勝戦が行われた。東海大甲府が4対3で公立の甲府城西を破って県代表に選出された。テレビで見ていたが、公立高校に勝たせたかった。25日に精進湖で撮った富士山とアジサイをアップする。、




[PR]
by kittajp | 2015-07-27 16:13 | 富士山 | Comments(2)

ねむの木の花

b0070657_15313215.jpg
最低気温23.9度、最高気温36.9度、湿度40%。天気予報通りに朝から晴れていた。富士山は良く見える。そのうえ、雲も少なく薄曇りに見えた。富士山麓の天気がハッキリしないので、洗濯をして様子を見る。昨日は、お寺さんの参与会に出かけた。長くかかると思ったが、3時から4時50分までと短くて済んで助かった。式次第に「法楽」と言う項目が有った。何をするかと思ったら、「南無遍照金剛」を7回言わされた。聞くも法楽唱えるのも法楽か?。20年後には40%の寺院が消滅すると言われている。この問題に、どのように対応するかが今後の課題と言う。TBSのサンデーモーニングを見る。先ず、新国立競技場問題を取り上げる。責任を追及して舛添知事は文部科学大臣の辞任を要求するほど怒っている。また、既に61億円の設計料を支払っていることも判明して議論になっている。更に、ボートに1000億円かかることも判明した。誘致合戦を勝ち取るために雑な計算を行っていた様だ。陰に隠れた問題を舛添さんが指摘した。責任は文科省が問題だと言う意見が多かった。次に安保法案は反対行動が拡大している。公明党の中にも反対する意見が出ているなど、今後の動きは変動の考えられるという。この辺で、気温が上がって来たの上に、富士山も見えてきたので、河口湖へ向かう。芦川村経由で河口湖大石へ出る。最初に円形ホール前に行く。花は何も無く,お観光客も殆どゼロに近かった。寂しいビューポイントだった。次にサニーデ前でねむの木の花を狙う。その後、大石公園に行き、そこのねむの木の花を撮る。そこで、サニーデ前で撮った写真がモノクロで撮ったことが分かり、再度、サニーデ前に戻り撮りなおす。大石公園に戻り、菊類の写真を撮る。人出は多くなかった。真如宛が信徒総出で草取りをしていた。暑さを感じない働きぶりだ。留守が岩浜で、ねむの木の花を撮る。西湖へ行ったが、クルマを置く場所が無いほど混み合っていた。コスモスを撮る。次に西湖・野鳥公園に行ったが、富士山が雲に隠れて見えないので、直ぐに引き上げる。ライブカメラで本栖湖を見ると富士山は雲の中なので、精進湖へ向かう。ここでは、アジサイを撮ることを目的としていたがボート大会の車がアジサイの周りを取り囲んで写真にならないので諦める。昼食を「写ば写ば サロン」で摂る。プロの写真家・栗林 秀旭 氏が居て、富士山の写真の話をする。ねむの木の花は、15日に撮ったと言って見せてくれた。昨夜は、富士登山と月夜の富士山を撮り、今朝は赤富士を撮ったと言って見せて呉れた。やはり上手だ。私の写真はみっともなくて見せられなかった。今日、サニーデ前で撮った、ねむの木の花をアップする。

[PR]
by kittajp | 2015-07-26 15:32 | 富士山 | Comments(0)

スマホのフリーズ

b0070657_16570748.jpg
最低気温24.1度、最高気温35.7度、湿度50%。天気予報通りに朝は曇っていた。でも、富士山は良く見える。そのうえ、雲も少なく薄曇りに見えた。富士山の写真も無くなって仕舞ったので、午前中は曇の予報だったが、洗濯をして7時に山中湖を目指して出かける。朝から暑くて本を見る気にもならなかったことも山中湖行きを決定づけた。山中湖花の都公園には8時10分に着く。駐車場は開いていた。目的とした百日草はオープン広場に咲いていた。百日草も咲き始めは元気で綺麗に見える。しかし、ポピーが咲いている場所は門が閉ざされ入れなかった。それでも、先輩諸氏の真似をして、囲いの隙間を潜り抜けてポピー畑に向かう。遅くなると光線が悪くなり、風も出てきて綺麗な写真にならないので、致し方ない。8時半になったら正門を開けたので、帰りは障害物競争で苦労せずに戻れた。続いて白鳥の餌場に行ったが、白鳥は1羽も居なかった。代わりに川鵜が岸に並んでいた。鴨も同じように岸に並んでいた。平野部落は、小学生から大学生まで子供で大混雑だった。いかにも、夏休みと言う感じがした。私も山中湖へ来て、夏休みを取った感じになった。交流施設はほとんど人が居なかった。行事を計画しないと人が集まらない感じだ。山中湖も暑かった。そこから河口湖へ行く。ねむの木の花が方々に咲いていた。人の出は少なくて驚いた。ハーブ祭りが終わったので、業者も一休みかも知れない。コスモスが方々で咲き始めた。水琴茶堂で昼食を摂る。サラダバーが使え、けんちん汁が飲み放題で明太子ビビンバが740円は納得。そのうえ、37度の甲府で食べるより、32度の河口湖で食べた方が涼しくて食が進む。昼食後、西湖へ行ってスマホを見たら、ホームボタンを押しても真っ暗で、反応しない。スリープボタンも長押ししたが全く無反応。仕方なく、西湖と精進湖は古いスマホで写真を撮って、急いでイオンモールのソフトバンクに行く。簡単に戻った。「パソコンと同じようにフリーズします。その時には、ホームボタンとスリープボタンを同時に長押しして下さい」と言われた。そう言えば、以前にも、そう言われたことがあった。直ぐに忘れてしまう。一時は、電話が使えないのは困ると、本当にパニック状態になって仕舞った。3時半からお寺さんの参与会に出席する。今日、山中湖花の都公園で撮った百日草をアップする。

[PR]
by kittajp | 2015-07-25 16:57 | 富士山 | Comments(2)

読書

b0070657_16175628.jpg
最低気温24.1度、最高気温34.0度、湿度50%。朝から晴れていた。富士山も良く見えていたが、9時には雲が懸かってきた。草取りをして、洗濯をする。娘の旦那は昨夜帰って来た。どういう勤務になっているか分からないが、今朝は娘を勤務先まで送って行った。娘の職場は今夜、暑気払いで帰りはタクシーになるからということの様だ。私は、次に読む本が手元に来たので、今読んでいる本を至急読み終わらなければならない。最近直木賞を取った、東山彰良の「流」だ。一生懸命読んだが終わらなかった。まだ少し、残って仕舞った。1975年から1983年までの台湾、中国、日本での話で、殺された祖父の犯人探しの物語だ。私の壮年時代に該当する物語で、私が日中友好の仕事をし、四川省に2週間ほど行った頃の話で、懐かしく読んだ。でも、暑さに負けて、昼食後、1時間ほど昼寝をした分だけ、読み終わらなかった。先日、昼寝をしている間に、夕立に有って折角の洗濯物が濡れて仕舞ったので、今日は、洗濯物を取り込んでから昼寝をしたが、雨が降ることは無かった。1時過ぎから空が暗くなってきたので、洗濯物は全て取り込んで、安心して昼寝をした。2時頃に目覚めたが、暑くて汗が噴き出してきた。昼食はイオンモールの大戸屋で摂る。「チキンかあさん煮定食」を摂る。大根おろしが沢山入り、トマト、ナス、ほうれん草、レンコンなどが入り、お気に入りの品だ。今朝は食事の後で、柿の種を食べ過ぎて、調子が悪かったが、お昼になったら治っていた。食い意地が張っているのには自分自身で驚いている。11日に西湖で撮った富士山をアップする。

[PR]
by kittajp | 2015-07-24 16:18 | 委縮性胃炎・潰瘍 | Comments(0)

厄介な止血剤

b0070657_16214635.jpg
最低気温23.9度、最高気温30.0度、湿度80%。朝から雨で11時頃まで続く。その後も、スッキリせず、小雨が舞っている。富士山は全く見えない。今朝の便は心配していた。昨日胃カメラでサンプルを採ったが、その際の出血は、モニターを見て自分で確認していた。胃カメラの担当医からは、青い便は気にすることは無いが黒い便の場合は、貧血の心配が出てくるので、直ぐに連絡して欲しい旨の指示を受けていた。ところが、その1時間後に受けた内科の診察では、黒い便が出た時に、この病院へ連絡されても対応できないので、鰍沢病院で見て貰って下さいと、丁寧と言うか、頼りない指示を貰った。田舎の病院の現状を知り、寂しくなり、落ち込んで仕舞った。黒い便が出た場合のバックアップ体制が極めて不完全だったことが分かり、あとは止血剤・アルロイドG内容液に頼ることになる。これは、海草から作られたベトベトした液体で、25㏄づつ添付してあるカップで自分で計量して飲む薬だ。この粘々感で胃を被膜して胃壁を保護しようと言う原始的な用法だ。その為、食前に飲み、飲んだあと数分間は水を飲んではいけない、冷蔵庫に保管することなどと、言う禁止事項が有る厄介な薬だ。血液サラサラ剤として心筋梗塞を防ぐ薬・バイアスピリン、血栓症を防ぐ薬・リクシアナを飲み、今度はそれに反する止血剤を飲むなど、私の身体も大変だ。ビンとカップを持って、飲食店に行くことも出来ず、当分、外食は出来ないものと諦めていた。ところが、娘が、家で服用してから外食に出かければ?と提案してくれた。確かに、それで解決する。その通りにして、イオンモールの大戸屋へ行き、大根おろしを一杯使った「チキンかあさん煮定食」を採る。夏休みに入っているので、子供連れが多い。また、2Fのレディスの店が閉店していた。曇っており気温は上がらないが、蒸して気持ちの悪い日になった。13日に精進湖で撮った富士山をアップする。




[PR]
by kittajp | 2015-07-23 16:22 | 委縮性胃炎・潰瘍 | Comments(3)

胃カメラ

b0070657_16174904.jpg
最低気温23.3度、最高気温32.4度、湿度50%。朝から良い天気だ。富士山も良く見えた。しかも、10時頃まで雲が懸からずに全体像が見えていた。ところが、私は、胃カメラを申し込んであり、富士山麓へ行くことは出来なかった。いつも通り、庭の草取りをし、洗濯をして、町立病院へ出かけた。血液採取は10時半に済ませ、胃カメラは11時に始まる。最近は苦しむことも無く、順調に進んだ。自分の胃の中をユックリ見ていたが、洞窟の中を進んでいるだけで知識に無いものにとっては、全く面白く無い。ところが、今回は、サンプルを摂ると言う。その前に、血液サラサラ剤のバイ・アスピリンを飲んでいるので出血するかも知れませんと、担当医から言われた。以前は、胃カメラの前に、バイアスピリンの服用を止めていましたが、かえって脳卒中などが起こるので、最近は、血液サラサラ剤を飲みながら胃カメラを撮影し、サンプルを採ることが多くなっていますと言う説明が有ってから、サンプルを採った。直ぐにポリープを摂った後から、血液が薄らと滲み出していた。出血を止める薬・アルロイドG内用液5%が処方された。しかし出血が止まらず、黒い便が出るようなことがあれば、今の病院では対処できないので、鰍沢病院へ行ってくれとの話。内科一般の診察が始まったのは、12時半で、会計、薬局が終わったのは、1時過ぎだった。帰宅しても、昨日ほど暑くなく、汗が噴き出すほどでは無かった。採取したサンプルの分析結果は、2週間後に分かると言うが、何かあれば連絡が有ると思う。当面は、5日分処方されている、水溶液・アルロイドG内用液5%を食前に飲むこと、また、特に薬は冷蔵庫に入れておくことなどが問題だ、原則、外食出来ないと言うことだ。不便で慣れるまで大変だ。六郷で、接骨院へ来たと言って顔を見せてくれた。老齢化すると誰もが通る道だ。私も半年ぐらい通った。13日に精進湖から撮った富士山とアジサイ・白をアップする。不安が残る検査結果だった。




[PR]
by kittajp | 2015-07-22 16:18 | 委縮性胃炎・潰瘍 | Comments(0)