人気ブログランキング |

『バンク・ジョブ』・足踏み

今朝もマイナス2度だったが、8時頃、日が出始めると急に温度が上がり、暖かくなって来た。日が出てきたので洗濯を始める。サンデーモーニングを見ながら、その後は、オリンピックを見ながら、更にテレビ東京のマンガを見る。その間、歩数計を持ちながら足踏みをする。体重が増えて困っており、2.3日前から間食の全廃は徹底しているが、体重が減ってこない。やむを得ず、テレビを見ながらの足踏みを始める。効果があるかどうかわからないが、負担になることではないので、少し続けてみようと思っている。大戸屋で「炭火焼きトロあじの開き定食」と「野菜のせいろ蒸し」を摂る。そこから、「みたまの湯」へ行く。駐車場は満杯に近く混雑が予想された。受付でも、今日は混み合っていてすみませんと挨拶をしていた。ところが風呂の入ると空いている。みなさん、休憩室で休んでいるようだ。露天風呂へ入ると、北岳は良く見えたが、八ヶ岳は霞んでしか見えない。その上、少し経つと、八ヶ岳も北岳も全く見えなくなってしまった。急に気温が上がったので、霞み雲が発生して周りの山がほとんど見えなくなってしまった。露天風呂へ入った頃は、飛行機雲以外には何もない青空だったが、帰るころには、富士山方面から黒雲が押し寄せて曇り空になってしまった。富士山麓へ関西のメル友が来ているが、これでは富士山は全く見えないかも知れない。明日の早朝に期待するほかないだろう。次にリバーサイドオギノへ行って買い物をし、スターバックスでコロンビア種のドリップを飲む。微妙な酸味が感じられ美味しかった。あと45キロを切るころから給油マークが点灯し始めたのでガソリンスタンドへ寄って帰宅。それかオリンピックのショートトラック競技を見る。ビデオを見る。『バンク・ジョブ』 スリラー/サスペンス 2008年 イギリス。イースト・ロンドンで中古車ディーラーを経営するテリーは、知り合いの女性マルティーヌから銀行強盗の話を持ちかけられる。ロイド銀行が装置交換のため1週間警報が解除され無防備状態になると言う。「一生に一度のチャンス」と説得され、計画実行を決意する。実はこの話には裏があった。数週間前、モロッコ帰りのマルテーヌは麻薬密輸ががバレて空港税関で逮捕された。が、特務機関(MI-5)のティムの口利きで事なきを得た。その際、ティムから出された条件が、この銀行強盗計画だった。ロイド銀行には、マイケルXと言うエセ左翼黒人活動家でヤクの売人でもある悪党が、リゾート先で乱交していた英国王女マーガレットを隠し撮りし、写真を地下金庫に預けていた。マイケルXはその写真の存在をタテに政府を脅迫、ムショ送りを免れていた。ティムは上司のアークハートとリスルの命を受け、政府とは一切無関係なメンバーで銀行強盗を実行し、秘密裡に写真の奪取をマルティーヌに命じていたのだった。そんな裏事情も知らず、テリーは計画実行を決意。自称カメラマンのケヴィン、映画エキストラのディヴと言った友人たちに加え、詐欺師のガイと掘削の専門家バンバス、店の従業員のエディ、そしてマルティーヌの総勢7人の実行メンバーが集まった。一味はロイド銀行の2軒先のハンドバッグ屋の内装工事を装い、店の地下から隣りの<チキン・イン>の下をくぐり、ロイド銀行地下金庫室に向かって約12メートルの穴を掘り始めた。銀行向かいのビル屋上から表を監視していたエディは、無線で現場に状況連絡をしていたが、その会話はアマチュア無線家に傍受されていた。強盗事件進行中の通報を受けた警察は、ロンドン中の銀行をしらみつぶしに調べたが、ちょうど日曜日の銀行はどこも時限錠がかかっており、内部の確認ができない。その裏でツキに恵まれた一味は、ついに金庫室侵入に成功した。写真横取りを企てていた(MI-5)の待ち伏せをかわし、アジトに戻った一味は、300万ポンド以上の現金、宝石類、金の延べ板を手にして狂喜する。しかし、盗んだ獲物の中には、目的のスキャンダル写真以上に危険なブツが隠されていた。それはロンドン裏社会の顔役、ルー・ヴォーゲルが記した汚職警官への贈賄記録、(MI-5)高官と下院議員のSMクラブでの隠し撮り写真だった。D通告(国防機密報道禁止令)が発令され、事件に関するマスコミ報道が一切禁止された裏で、何としてもブツを隠滅しようとするマフィア、政府高官、警察と実行犯たちとの壮烈な駆け引きが開始された。テリーたちは、この容赦ない追跡から逃れることができるのか。マズ、下見調査の写真からエキストラのディヴが裏社会の顔役ヴォーゲルに捕まる。そこで、襲撃の主目的が写真であることを喋ってしまう。次に、従業員のエディが何者かに捕まる。テリーに連絡して汚職警官への贈賄記録を渡せと言うが拒否されると、エディの前でディヴを射殺する。テリーはヴォーゲルに電話をして、エディを指定時間に駅に連れてこなければ、贈賄記録メモを警察に渡すと言って脅す。また、パスポートと身分証明書の作成をティムに頼む。贈賄記録メモに名前が載っていない警官に情報を提供してディブ以外は救われる。マイケルXや、ヴォーゲルは捕まる。テリー一家はカリブ海で楽しんでいる。実話を映画化したものだと言うが、英国では如何にもありそうな話で面白い。
by kittajp | 2010-02-21 15:28 | 糖尿病
<< 『マルタのやさしい刺繍』・ツイッター 富士山麓 >>