長生きの税金

b0070657_16073766.jpg
最低気温19.3度、最高気温は22.5度。湿度は70%台。8時頃から降り始めた雨は、一日中降っていた。富士山は全く見えない。暑くなく寒くなく過ごし易い天気だが、雨は、鬱陶しい。気分が暗くなる。その上、下痢気味で調子が悪い。昼食は、蛋白、脂肪類を完全に抜いたら、少し調子が戻ってきた。毎年この時期には胃腸の調子が悪くなり、年中行事の一つだ。朝ドラは、花子が父親に掴み掛って怒る。その怒りは学校に来ても治まらない。そんな時、蓮子からの手紙が届く。蓮子は娘・冬子を修和女学校に入れようと準備を進めると書いてあった。ところが夫は娘の見合い話を勧める。そのことを契機に夫婦喧嘩が始まる。蓮子はどうして私と結婚したかと問い詰めると夫は惚れた為だと言う。身分と顔に惚れたと言う。朝一は、教会に泊まっている吉平にご飯を持って行く。朝一の忠告に従って、母・ふじに話し合いに行った吉平を見て、花子のお爺さんが倒れる。その、連絡が学校に入る。吉平も慌てて医者を迎えに走る。今日は、何もする気にならない。動く気にもならない。天気の所為も有る。雨が降るまでは、今日は草取り日和だと張り切っていたが、体調も有るが、雨に気勢をそがれた面も大きい。その上、返事を書かないといけないメールが多かった。大腸がん患者で、痛みが酷く当分メールは書けないと言っていたメル友から20日振りに2通メールが来たのは嬉しかった。膝の変形で苦しんでいたメル友が、いよいよ手術の提案が有ったと言う。私と同じで、ヒアルロン酸で散らしていた痛みが酷くなってきたのかも知れない。黄斑円孔症で20日から10日ほど入院するメル友から連絡が有った。白内障の手術も一緒にやると言うことだが、入院中はメールが出来ないので宜しくと言う連絡。スマホやi-padを自由に使いこなしている人なので、入院中は目が使えないのかも知れない。前立腺がんの友達がまた一人増えた。末期で見つかったと言うことは、私と同じで全快の見通しは皆無だ。65才だと言うから仕方がないかもしれない。それぞれ老人性の病気だ。長生きをした税金のようなものだ。8日に精進湖のライブカメラで見た富士山をアップする。

[PR]
by kittajp | 2014-06-11 16:08 | 富士山
<< 下駄とトウモロコシ こむら返り >>