人気ブログランキング |

岡島百貨店

b0070657_15362161.jpg
最低気温17.5度、最高気温は29.0度。湿度40%台。朝は薄曇りの天気。富士山は全く見えない。9時ごろから晴れたり曇ったりの天気。明日から天気が崩れるので、洗濯は今日に済ました方が良いと言う天気予報に従って洗濯を始める。今日の朝ドラは、昨夜の歓迎会で、村岡に英語の不勉強を非難された花子は、村岡さんは田舎に住んだことは無いでしょう。英語を使う機会は無いんです。と答え、酔い潰れて仕舞う。花子は、昨夜のことは全く覚えていなかった。そんな様子を妹に聞いて反省する。出版社の梶原、同時に受賞した宇田川先生に原稿依頼をする仕事を任される。早速、妹が勤めるカフェで宇田川先生に原稿依頼をするが、児童向け出版社に掲載するつもりは無いと言って断られる。そこで、花子は児童向けの本と大人の本に差は無いと意見を言う。そこで、完全に宇田川先生を怒らせて仕舞う。その上、近くにいた客にも、貴方は編集者には向いていない、田舎に帰った方が良いと言われて仕舞う。意気消沈した花子は会社に帰って、梶原さんたちに励まされる。村岡さんが会社に来て、夕べの理解不足を謝られ、再度、歓迎会を申し込まれる。これが花子の人生初めての「逢引き」になるのだろうかと言う、コメントが流れて終わる。ところで、明日は、医大で、前立腺がんの受診日だ。明日の検査結果の数値が良ければよいが、悪ければどのように対応するか態度を決めておかないといけない。既に、エビデンス(定説)の無い治療に入っているので、患者の見解をはっきり伝えないといけない。ところが、最近は勉強不足で課題を整理していない。そこで、その勉強を今日の第一の課題にしたいと張り切って取組み始めた。ところが、直ぐに飽きて仕舞って、甲府に出て、HISでパンフレットを貰い、岡島百貨店のイタリア展のイートインコーナーで六本木のレストランテ・アルポルトのオーナーシェフの片岡護さんのスパゲッティを食べに行きたくなった。更に、週刊現代をジュンク堂書店で買って来ようと考えついた。早速、予定通り行動した。スパゲッティは「桜海老とキャベツのビアンコスパゲッティ」1510円を食べたが、麺が妙に細いこと以外に感激は無かった。HISのパンフレットは儲かっている為か、随分厚くなった。週刊現代は420円と驚くほど値が上がっていた。週刊誌を買うのも5年ぶりぐらいか?数寄屋橋次郎と銀座久兵衛の喧嘩に興味を引かれた。興味が有ることを先に済ませて、その後、明日の対策をまとめた。前立腺がんも処方のレジデンス(定説)が無い段階まで進んでおり、担当医も患者も大変だ。手探りで行くほかは無い。取り敢えず、アンチアンドロゲン(抗男性ホルモン剤)交替療法を再度試みるか、新薬の適用を話し合ってみたい。13日に河口湖で撮った富士山とマーガレットをアップする。
by kittajp | 2014-06-17 15:36 | 前立腺がん
<< 医大受診 エンジンがかからない >>