ホットカーペットの片付け

b0070657_16215198.jpg
最低気温19.5度、最高気温30.3度、湿度40%台、朝は濃霧注意報が出て濃霧が立ち込める。富士山は濃霧で全く見えなかった。でも、霧が消えたら、少しの間山頂が見えたが、直ぐに湖上から上がる雲に隠れて仕舞った。霧が晴れた後は、強い日差しが現れた。昨日とは天候が少し違った感じがする。昨日までは、雨の原因は、北の寒気だったが、今日からは南から上がって来た梅雨前線の影響で雨が降り、本格的な梅雨入りになると言う。昨夜は寝つきが悪かった。娘が帰宅した10時40分ごろも未だ眠れずに苦しんでいた。睡眠不足を心配していたが、その分、朝の目覚めが遅く、ホッとした。良くしたものだ。朝ドラは、カフェに兄が来たが、仕事の関係で兄と話も出来なかった。しかし、翌日2人の住む家に制服の憲兵姿で来る。小難しい話をしていた帝大生のことに聞きに来た様子だった。英治は安藤さんの童話の担当を弟に任す。今後は弟の郁が出版社の担当に変わり、英治は印刷に専念すると挨拶に来る。英治が書いた挿絵も立派に仕上がった。かよが、花子に会いたいと言って男がカフェに来ていると告げる。それは、加納伝助だった。先日泊めて貰ったお礼としてお土産を持ってきた。今日は、蓮子がこのカフェで花子に会うと言って上京していたので、迎えに来たと言う。ところが、蓮子が会っていたのは花子ではなく、前回、福岡で会った帝大生だった。今日の挨拶は、「暑く成りましたね。」と言う言葉だった。それだけ急に暑くなった感じがした。寒気団が北に移動したと言うので、ホットカーペットを片付けた。これまでは、床から冷たい空気が入って来るので、片付けられなかった。雹が降っていたので寒く感じても無理は無かった。それでも、もう雹は少なくなると言う予報なので自信を持って片付けた。次は扇風機を出さないといけない。真言密教の考える、仏教、キリスト教、儒教の倫理感の比較について調べた。また、真言密教における生死の考え方についても高野山のレポートを読む。親戚の法事の献杯を頼まれたので、戒名を調べる。「宝寿院殿清道紙翁居士」良い名前だ。それにしても、献杯を頼まれるほど私も歳を取ったものだと、今更ながら驚いた。13日に河口湖で撮った富士山をアップ
[PR]
by kittajp | 2014-06-26 16:22 | 富士山
<< ワンクリック詐欺 下駄を買う >>