従弟来宅

b0070657_16544630.jpg
最低気温21.8度、最高気温34.5度、湿度50%台。朝から湿度が高い。晴れたり曇ったり、小雨が舞ったりで複雑な天気。昨夜、六郷から貰ったポテトサラダと桃で朝食を摂る。桃も。香りも味も最盛期に近くなっている。洗濯をしたが、外へ出したり、引込めたりで忙しい。この嫌な時期を雑草は楽しんでいるかのように、直ぐに庭は草で一杯になって仕舞う。この嫌な季節を喜びはしゃいでいる雑草の生命力には改めて驚く。でも、紫外線が怖くて伸び放題にせざるを得ない。朝ドラは、花子は英治と一緒に、実家を訪れる。そこで、父は英治に、花子を嫁にもらってくれと、ご機嫌で対応する。母親も二人でコピット幸せになれしと祝福する。ところが、翌朝、英語の辞書を呉れた人と、英治が同じ人だと分かって、父は、奥さんを亡くした男との結婚は認められないと言う。しかし、花子はどうしても英治が好きなので結婚させてくれとお願いして、結婚の許可を受ける。そして、英治は結婚式は甲府で行いたいと言う。千葉の従弟が来宅する準備は、汗を掻きながら10時には終わらせた。従弟から、10時40分に電話が有り、落居に今いるが、もう1時間ほどしたらそちらに向かうと言う連絡が有る。昼飯はどうするのかと聞こうと思ったが、止めて置いた。しかし、待つ身は辛い。12時過ぎに来て、直ぐにイタリアン・イルポッジョに連れて行き、パスタとピザのセットを食べる。その後、親戚のお札屋さんに連れて行く。続いて道の駅・富士川に連れて行く。帰路に向かったのは3時。特別に暑く、案内も疲れ果てた。汗が滝のように流れ、梅雨明けが近いことを感じた。イタリアン・イルポッジョは一年振りに出かけたが、腕を上げ、美味しくなっていた。お客も満員状態だった。お札屋さんでは夫婦で対応してくれた。ただし、提灯の話は未だ検討していないとのこと。もう少し待つことにした。ネットで良く調べるように言いつけてきた。道の駅・富士川は展望台の眺めが良いのが取り柄。8日に本栖湖のライブカメラから借用した富士山をアップする。
[PR]
by kittajp | 2014-07-14 16:55 | 富士山
<< ステーキハンバーグ けん 『ペットロス』 >>