人気ブログランキング |

トウモロコシとさくらんぼ

b0070657_16090547.jpg
最低気温17.0度、最高気温25.3度、湿度50%。朝は曇り空。富士山は全く見えない。昨夜食べた分厚いかつ丼の所為か、お腹の調子は悪い。8時頃から陽が出てくる。TBSのサンデーモーニングを見る。安保法制は憲法違反だと3人の憲法学者が指摘した。このことで与党に衝撃が走った。衆議院の憲法審査会で起こったことだ。自民党の幹部は火消しに追われた。憲法学者は廃案を求める署名を集め出した。今後の国会に、どのように影響を与えるかと議論された。何故そこまでして与党は軍備を拡張しようとしているか。国民がシッカリ考えて行かなければいけない。外交に対する力に弱みが見えている、無理やり数を頼りに実行しようとしている。憲法改正を提案してから進めるべきだ。立憲主義を取るなら改憲を先行すべきだ。本末転倒だ。今国会の成立にブレーキがかかった感じがする。年金機構から個人情報が漏れだした件が取り上げられる。年金機構の杜撰な情報管理が明らかになった。このために住所変更が可能になり、個人情報が漏れだす危険が出てくる。FIFAの会長が辞任を表明したことが取り上げられる。司法当局が会長の捜査を始めていると言われている。南アフリカ大会の決定に賄賂が行われたという。何処まで真相が明らかになる注目されている。「風をよむ」では、FIFAの会長が辞意を表明したことが取り上げられる。背景は、スポーツに金がかかることが取り上げられる。2020年のオリンピックのメイン会場の建設費の高騰が話題になる。企業のロゴマークがスポーツに現れている。この動きが、オリンピック憲章から、アマチュアと言う文字が消えた。ロス五輪を契機にビジネスの大会に変わった。オリンピックは巨大ビジネスに変わった。サッカーのブラジル大会は、ブラジルの経済成長を2年連続マイナス成長にした。金のなる木?の影響はどうなるか?スポーツは健全な社会のバロメーターだった。それが、青少年に与える影響は大きい。と言う指摘で終わった。「良く乾く」と言う天気予報を信じて洗濯を始める。前の家から、朝採りのトウモロコシ・「甘甘娘」を貰う。甘くて美味しかった。隣村のゴールドラッシュとの味の競争になる。今日の食事はこれで済ます予定。患者同士の前立腺がんの掲示板にプロの専門医が書き込みを始めたので、丁寧に読む。この掲示板での情報を信じて仕舞い、患者の診察に支障が出ているので、無責任な書き込みはしないで欲しい、また、詳細な治療方法まで記載しないで欲しいということが投稿の趣旨だ。興味を持って読んだ。患者の研究心に、プロの医師が追われている様子がうかがわれる。それは、「Science Translational Medicine」2015年1月7日号に載ったワシントン大学の「双極性アンドロゲン療法」についてだった。「テストステロン値を上下させることにより、ホルモン療法に対する前立腺がんの反応性を取り戻せる可能性がある」。去勢抵抗性に陥った前立腺がん細胞に高いテストステロンを浴びせかけ一発逆転を狙うもの。双極性アンドロゲン療法はCRPC(去勢抵抗性前立腺がん)の新たな治療法につながる可能性があると述べている。患者16人で平均4年間標準のホルモン療法を受けていた。双極性アンドロゲン療法を実施したところ、7人は寛解、4人は腫瘍が縮小、1人は腫瘍が消失したという。アメリカの研究だが、これを日本のかかりつけ病院で実施して欲しいと言われても担当医は困るだろうと言うのが、投稿した医師の見解。だが、患者に事実を知らせることが重要として、この医師の提案は拒否された。民生委員が独居老人の安否確認に来た。六郷からサクランボが届く。サクランボの時期だ。酸味と甘さが調和して今の時期に合う食べ物だ。風も強く、肌寒い一日だった。4日に西湖・野鳥公園で撮った富士山をアップする。

by kittajp | 2015-06-07 16:10 | 前立腺がん
<< 新薬紹介 「鹿の王・下巻」 >>