吉兆

b0070657_20531011.jpg
最低気温9.5度、最高気温25.3度、湿度20%、良い天気だ。しかし、富士山は雲がかかっている。帝国ホテル東京の吉兆東京に向かって出かける。寒い時に比べて朝出かけるのも楽だ。中央線は、桃と桜の花で華やかだった先週と変わって若葉の景色だ。気持ちの良い青葉をのんびり眺めながら予定通り、11時50分に吉兆に着く。5人位のお迎えがあったのには驚いた。先客はあり、私の場所も用意されていた。まず、食前酒として、梅酒が出された。その前に食前薬を飲むための、水を頼んだ。先ず、ヨモギのゴマ豆腐が出された。ワサビが載っていたが、普通の味だった。ヨモギの色が綺麗に出ていただけだった。次に、海老しんじょとシイタケの椀が出た。海老真薯は美味しかった。次は、6個の四角から構成された皿が出て、鯛の押し鮨、白子、イイダコ、白魚、海老、ローストビーフが入っていた。次にさわらの照り焼きが出た。次がユカ芋と春野菜の炊き合わせだった。最後は、ご飯と付け出しとしての刺身が出た。マグロ、鯛、トリガイ、やり烏賊だった。なんとなく、不満が残る料理だった。お品書きが出ない、または、メニューに表示していない懐石料理に初めて会った。また、是非お出かけくださいと言われたが、金輪際行くつもりはない。そこから銀座三越、松屋に行き、お土産を探す。新宿へきて、NEWoMAN(新宿バスターミナル)で食品部門が無いので案内に聞いたら、それは、駅ナカですと言われた。仕方なく改札を通ってみたらたくさんあった。分かりずらいルミネだ。今日、吉兆で通された部屋をアップする。

[PR]
by kittajp | 2016-04-19 20:53 | その他
<< 町立病院受診 ジューシーフルーツ >>