熊本のクラスメイトにメールする

b0070657_16110446.jpg
最低気温10.9度、最高気温19.9度、湿度50%、午前中は曇り、午後2時頃から雨。富士山は全く見えない。それでも洗濯をするが、クリーンヒータのお陰で乾いたようだ。前立腺がんの掲示板を見ているうちに、多くの人が熊本県の腺友にお見舞いのメールを送っており、また、熊本県の腺友から、お礼のメールが届いていることに気付いた。私にも、大学のクラス会のメンバーが熊本市にるはずだ。急いで調べてみたら、熊本市北区にいた。80歳を超えての災害との遭遇は大変なことだと思う。クラス会の幹事からの指示を待っていれば良いと気楽に考えていたが、そうも言っていられないと思うい、不安になってきた。彼の家が水前寺にある時に泊りに行ったことがある。当然、その時に、水前寺公園や熊本城を案内してもらった。期待していた、クラス会幹事の指示も、80歳を超した身体では、幹事自体に不都合な事態が起こったかも知れない。そこで、遅ればせながら、見舞いのメールを送った。なんでも言ってくれと書き添えてメールしたが、メールが読める状態かどうかも怪しい。かえって迷惑かも知れないが、こちらの気分は楽になる。80歳を超えての老体で災害に会うのも運が悪い。大変なことだ。ましてや、避難生活では、身体が持たない。無事に苦境を乗り切ることを祈るばかりだ。昼食は、イオンモールで取るが、空いていた。スターバックスでは、新宿のスターバックスが、ブルーコーヒーのオープンでガラガラだと教えてあげた。ブルーコーヒーが強敵だと言うことは良く知っていた。帰宅後、20分の昼寝、その後 ボタンの花の整理をし、草取りを始めたが本降りの雨になってきたので家になかに入る、一昨日、吉兆で2番目に出された椀物・海老の真薯とシイタケの椀をピンボケだが、アップする。「しんじょ」とは田舎風な料理だ。
[PR]
by kittajp | 2016-04-21 16:11 | その他
<< 箪笥の肥やし 町立病院受診 >>