薬の飲み間違い

b0070657_16052903.jpg
最低気温15.4度、最高気温25.4度、湿度40%、朝は曇り空。富士山は頂上に雲がかかっている。天気予報を信じて洗濯をする。NHKの「週刊ニュース深読み」を見る。熊本県出身の宮崎美子さんがゲスト出演。2度の震災に合った益城(ましき)町を先ず取り上げる。足の踏み場が無い、ピアノ教室を訪れる。2度目の揺れで、完全に壊れていた。先週に訪れた時のピアノ教室の1階部分がなくなっていた。ピアノは野ざらしになっていた。避難生活がいつまで続くか、それが分からないと、今後のことがが考えられない。16日に自宅は倒壊し、18日は車中泊、17日は妻の実家に泊まる。18日は車中泊。泥棒がきっというので、自宅でテントを張り寝ている人もいるが、雨が降って来て、雨に耐えないといけなくなる。富山県から来たボランティアで、ごみの分別作業を行っている人もいたが、ボランティア受け入れの運営に問題が出てきた。これまでは、およそ、1週間で収まると考えていたが、危険でボランティアの受け入れができない。倒壊しない家もあるので、耐震対応の家を作ることの重要性が認められた。南米エクアドルも地震に襲われた。17日に602人が死亡した。三菱自動車が燃費を良くする工作をしていたことが明らかになった。井山さんが囲碁の史上初の七冠を達成した。聖火の採火式がギリシャで行われた。「深読み」では、熊本震災を取り上げる。15日は混乱状態だった。前震、本震と言う言葉を初めて聞いた。これまで、熊本では地震の経験はなかった。益城町は、スイカの産地だった。また、ベッドタウンで人口は増えていた。18万4000人が避難している。体育館は天井が落ちて来て入れない。そこで車中泊が多くなる。車も軽自動車が多い。ガソリン代を節約するのでエアコンを使えずに暑い。22日にボランティアが入ったが、それまでは、被災者が避難所の運営を行っていた。昨日の気象庁の発表では、もう1週間注意してほしいと言う。過去に例がない、大きさだ。今後は、過去の経験を生かすことが大事だ。見通しが立たないことがストレスの原因だ。日々ストレスが強まっている。素人のボランティアは未だ早い。先ずお金を貯めて、被災者にならないように少し待つことも必要だ。ボランティア保険に入るとか安全の確保が大事だ。ボランティアが被災者になってはいけない。支援物資を送りたいと思うが、どうすればよいかと言うことを聞かれる。未だ、個人の物資を受け取れる状態になっていない。段ボールに色々の物を入れずに、1種類にして外に何が入っているか大書して欲しいと言う。仕分け作業のために人数を取られるので大変だ。震災後、10日以降が大事だ。要介護申請が急増する。認知症が出たとかする。楽しめる支援が必要だ。手品とか、マッサージとか。精神的負担が急増する。他人の足音が気になる。そこで、周りの人とのグループ作りが有効だ。話し合える雰囲気作りの体制が必要。班つくりを作ると食料を貰いに行く時に貰い損なうことは無い。生活不活発病が24%出た。なので、被災者に何か役割を持ってもらうことが大事だ。今日は、益城町に400人のボランティアが8時半に集まったと言う。泊り場所は、ボランティア自身が確保するのが前提だ。避難所から一時離れることも大事だ。一時、会社の寮とか旅館で寝る経験をさせることも必要だ。などの意見が出た。昼食はイオンモールで取る。子供連れが多い。ユニクロに行く、買いたいものが2点ほどあったが、ゴールデンウイーク中は割引価格だと言うので、もう少し考えることにした。庭の草取りをする。風が強く、折角咲いたピンクのボタンも散り始め風に吹かれて庭中を飛び回っている。アヤメも咲き始めた。最近、薬の飲み間違いが多い。現在、二つの病院の三つの科から薬が出ている。それらを、2日に一度、朝、昼、夕と仕分けをする。朝18種類20錠、昼7種類7錠、夕13種類13錠、寝る前に1錠の、1日39錠だが、最近は良く間違う。今朝もトータルチェックで1錠足りない。何が足りないのか?探すのに15分もかかってしまった。19日に吉兆で4番目に出てきた料理をアップする。さわらの照り焼きがだった。今の時期はどこも鰆が出てくる。

[PR]
by kittajp | 2016-04-23 16:06 | 前立腺がん
<< 花粉症完治 箪笥の肥やし >>