コンビニ

b0070657_16123204.jpg
最低気温15.2度、最高気温28.7度、湿度30%、今日も良い天気。富士山は薄雲に覆われている。NHKの「週刊ニュース深読み」を見る。熊本地震から、今日で1か月、被災地では日常を取り戻す動きが出ている。全校で登校が始まった。震災前の暮らしに一歩づつ進んでいる。東海大の学生が、戻って来た。2度の震度7の益城町では、町の外に住む人が多くなった。しかし、まだ、学校の敷地内には、テントが張られている。家に戻った人も、水が使えなく、断水が続いている。窓も開かない、しかし、修理が始められない。罹災証明書が発行されないためだ。熊本市に新しい家を借りた人がいたが、家財道具をそろえるのに60万円、かかった。オバマ大統領が広島に来ることになった。27日に平和公園を訪問することになった。広島県被ばく団体連絡協議会会長が要望していたことだった。ゴルバチョフ元大統領も訪問していた。オバマ大統領は7年前にプラハで核兵器のない世界を提言していた。そこで、何を語るか注目されている。ところが、核の宣言した国がある。北朝鮮だ。並進路線をうたい、核開発の経済開発の両方をを進めることを宣言している。三菱自動車が日産の傘下に入ることになった。演出家の蜷川さんが多臓器不全で亡くなった。鳥取の海岸にイルカがきて人間になついているが、珍しいことだと言う。「深読み」では、熊本県の住宅を確保するには、何が必要か。修理で済ますか?立て直すかで、判断に苦しんでいる。安心できる家は何時取り戻せるか?避難者数はいま、10477人に上っている。「調査済み」の人が避難している人が多いことが、今回の地震の特徴だと言う。罹災証明書は、全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊を証明する。その前の建物調査に時間がかかっている。それをもとに行政の援助が示される。仮設住宅は、公営住宅、民間住宅が考えられるが、公営住宅は90倍の倍率だ。仮設住宅は用地が無い。したがって、避難所の改善が必要だ。応急危険度判定も時間がかかるが、罹災証明はもっと時間がかかる。防災は自治体単位で行っているが、もっと大きなネットワークの中で行うことが必要だ。サロンを作って「おしゃべり」をすることが必要だ。焦らないことが大事だ。熊本県では、半壊、一部損傷の非補助対象が多いが、この部分を補助対象にすることが大事だ。そうしないと、全部壊されてしまうのが現状だ。新し補助制度を作ることが必要だ。などの意見がでた。久しぶりにコンビニに入った。目的はクオカードを使うためだ。財布の中に2枚入っていて、邪魔で仕方がない。一枚は、娘の会社の写真コンテストで入賞して3000円を貰ったものだ。それが300円ほど余っている。もう一枚は、前立腺がんのアンケートに答えて5000円分を貰い手つかずで残っている。セブンイレブンに入ったが、どう見ても買うものが無い。時間が十分にある老人にとっては、全然コンビニエンスではない。仕方なく冷やし中華を480円で買って、財布の中のクオカードを1枚にした。今日もツバメは家の中に飛び込んできた。でも、昼の暑い時間には仕事をしないで、朝夕の涼しい時間しか巣作りの仕事をしないので、巣は大きくならない。昨日、赤坂「菊の井」で取った昼懐石で最初に出た猪口をアップする。長芋をしこしこ感が残る程度に軽く煮て、ワサビ飴に浸し、紫蘇の花穂を散らしたもの。
[PR]
by kittajp | 2016-05-14 16:13 | その他
<< コメを買った 菊の井 >>