眠い

b0070657_15351624.jpg
最低気温16.3度、最高気温30.9度、湿度30%。晴れ、富士山は良く見える。TBSのサンデーモーニングを見る。オバマ大統領は、原爆資料館に向かい、10分後には注目されていた演説が行われた。当初は、5分位と予想されていたが12分に及んだ。科学の革命には道徳の革命も必要だ。恐怖の論理から解放されなくてはならない。広島、長崎から新しい発想が必要だと述べた。演説を終えた後、被爆者と会話した。一方、長崎の被爆者は、核廃止への発言が弱かったと感想を述べている。オバマ大統領は、被爆地への共感を述べた。今日のサンデーモーニングの出席者の感想は次ののような物だった。オバマ外交のフィナーレだ。格調の高い演説だ。モラルの革新が無ければ人類は滅亡すると言った。用意された原稿で、被爆者と会った感想などが無かった。資料館を見ての感想が欲しかった。などの感想が披露された。伊勢志摩サミットでは、世界経済がリーマンショック以来の危機にあると言う安倍総理の発言と、それを認めない発言が対立していた。そのために財政出動を要求したが、ドイツを中心して反対した。消費増税の延期を考えていると言う海外ニュースの分析が行われたが、その通り、消費税延期の指示が出された。下振れリスクがあるのは日本だけだ。そこで、財政出動で対応っすることになる。赤字国債の発行を拡大し、後世に付けを回すことになる。サミットの前に、日米首脳会談があった。その前に、元米兵の暴行事件があった。そこで、オバマ大統領は地位協定の改定には賛成しなかった。粛清と運用で、今までも通り
の対応しか話され無かった。しかし、地位協定を改定しないと解決されない。「風を読む」では、世界の国が、オバマの広島訪問をどう見ているか?その歴史的意義を伝えている。原爆投下後2年には米国では戦争を早く止めさせ、正当だったと言う意見だった。アメリカ以外の国では、核廃絶の動きは進んでいない。米国以外の首脳は、広島を訪問していない。容易に核廃絶の動きは進んでいない。核を巡る国際情勢は悪化しているとも言える。去年はクリミア併合に際し、ロシアは核を準備していたと言われている。長崎、広島の声は世界に届いていない。日本は、核廃止条約に参加していない。それは、アメリカの核の傘に入っているからだ。国家に核が広がっているだけでなく、非国家にも広がっている。新しい紛争解決システムを考えないといけない。オバマの広島での演説が、なぜサミットで言えないかと言うことが問題だと言う。等の意見が出た。昼食は、イオンモールで取る。余り混んでいなかった。フードコートでは1割が空席だった。ラーメンとステーキは行列が無かった。レストラン街は、1何処も1時間待ち位の行列が出来ていた。短パンが急に増えた。でも、老人は履いていない。少し考えてしまう。最近は眠くて困る。先週だったか?サンデーモーニングの途中で眠ってしまい「風を読む」をもないで終わってしまった。今日は、全部終わるまで必死の思いで起きていた。昼寝も1時間した。夕食後も30分位寝ないと頭が活動しない。気候の所為だろうか?洗濯物も良く乾いた。19日に、帝国ホテルんのメインダイニング・レ・セゾンで6番目にに出てきた、デザートをアップする。ハチミツとクルミのヌガーグラッセの周りをピンクのグレープフルーツで囲んだもので濃い味で美味しかった。

[PR]
by kittajp | 2016-05-29 15:36 | その他
<< 「八ヶ岳・やまびこ不動産へようこそ」 OSを勝手にアップデート >>