人気ブログランキング |

インフルエンザ予防注射

b0070657_16250976.jpg
最低気温12.5度、最高気温20.2度、湿度40%。朝は、寒く、血圧はまた、159になった。ダウンを着て寒さを防ぐ。洗濯をする。富士山は良く見えるが、空の色が灰色で映えないので富士山麓行きは諦め、インフルエンザ予防接種に近くの医院に出かける。今朝から寒さに耐えきれず、靴下を履いて出かけた。恰好より健康第一だ。9時10分に着いたが、順番が回って来たのは10時40分だった。問診も無く、聴診器で胸と背中を見て、左上の上腕部に注射して終わり。風呂へ入っても良いけど、注射をした場所をこすらないでください、と言う注意で終わった。その長い待ち時間は、隣に座った、家の隣の銭湯屋さんの小母さんと世間話をしたので退屈はしなかった。先ず、組長さんは、未だ医大に入院していると言う。脳梗塞だが、非常に軽い症状だと言う。朝起きたら、左指が可笑しいので、救急車で脳外科へ向かったと言う。その後、医大に回されてリハビリを行っていると言う。酒もタバコも止めていたので軽く済んだと言う。血圧や糖尿病の話、白内障の話、話題は尽きない。町中の医院は、談話室のようなものだ。注射代は、町の補助金3000円の他に1500円を支払った。帰宅すると、六郷から十三夜のお供え物が届いていた、リンゴ、カキ、梨、干しイモ、吹かしイモ、枝豆、ワカサギの唐揚げ、お団子などだった。昔の風習をかたくなに守っているのは微笑ましい。季節感を嫌でも感ずる。11時には、約束通り、解体業者が見積もりに来た。クルマが当たって歪んでしまった隣りの駐車場に面したブロック塀を取り壊し、同時に、道路に面したブロック塀を取り壊してもらう工事だ。メジャーも持たず、アバウトな説明で、こちらの要望を把握したようだ。見積もり書を作ってくると言う。昼食は、イオンモールの大戸屋で「ねぎ鴨鍋」を取る。やはり、美味しい。スターバックスに寄った後、5000歩の散歩をして帰宅した。夕方になって日が出て気温が上がって来た。6日に河口湖大石公園で撮ったコキア(ほうき草)をアップする。



by kittajp | 2016-10-14 16:25 | 風邪
<< 富士山麓へ 面倒なイオンカード >>