富士山麓へ

b0070657_15352811.jpg
最低気温8.4度、最高気温23.2度、湿度30%。昨夜は、隣の駐車場の持ち主から電話があり、明日の1時以降に来たいと言う連絡だった。その電話が、何度も留守電に入っていた。それに気づかずに、転寝をしていたようだ。困ったことだ。朝の気温は一桁台になった。昨夜は、ホットカーペットの電気を入れたままで、その上に布団を敷いていたが、朝起きるまで気づかなかった。それだけ、寒くなっていると言うことだ。朝の室温は17度、昼は晴れていれば27度と10度の温度差がある。朝は、ダウンジャケットを着ても震える。昼はパンツ1枚でも汗を掻く。温度管理が難しい季節だ。今朝は、霧が富士山を覆っていたが、7時ごろから見えてきた。雪は見えないが、綺麗な空が見えた。そこで、富士山麓へ行く気になったが、山中湖は、遅咲きひまわりが、未だチラホラで見るべきものがない上、遠いので除外して、富士山麓へ行くことにした。7時50分に家を出た。8時23分に精進湖に着いた。そこで、広角で撮ったら、ハレーションを起こしていた。ガッカリ、もう、そんな時期だ。続いて西湖・野鳥公園では、コスモスと紅葉を撮る。西湖では、逆さ富士とススキを撮る。河口湖には9時に着く。先ず、留守が岩浜でススキを撮るが、結果的にハレーションでダメ。偶然1枚だけ救われた。どうして救われたかも良く分からない。河口湖戸沢センター前で撮った富士山の全景は全部ハレーションを起こしている。スマホの欠陥かも知れない。今度カメラで撮ってみよう。魚釣り戸でコスモスと一緒に取った富士山はハレーションを起こしていない。大石公園には9時20分に着く。コキアは、赤色が増していた。コキアの焦点を合わせるとハレーションが起こる。富士山の全体像は、ここではハレーションを起こしていなかった。本栖湖へ行くが、一番良い撮影ポイントが工事の資材置き場に使われ、車を止めることができなかったのは、残念だった。ススキを撮る場所に期待していたが、ガッカリした。精進湖は、カヌー競技のラインが取り払われていて、自然な湖になっていた。しかし、今度はキャンプのテントや、キャンピングカーが押し寄せ、自然のムードは無くなっていた。やはり、写真はハレーションを起こしている。イオンモールの大戸屋に11時半に着き、「鴨鍋定食」を取る。イオンモールも土曜日にしては人が少なかった。河口湖は外国人の方が多かった。精進湖は、キャンピングカーを中心にキャンプのテントが邪魔になるくらい多かった。今日は、とても爽やかで気持ちの良い日になった。日の光は、もう4m位家の中に入ってくる。今朝撮った、精進湖での朝もやの富士山をアップする。



[PR]
by kittajp | 2016-10-15 15:36 | 富士山 | Comments(0)
<< 隣家との打ち合わせ インフルエンザ予防注射 >>