同窓会回想

b0070657_15244266.jpg
最低気温11.8度、最高気温18.0度、湿度70%。雨のち晴れ。雨は8時ごろに止み、午後から晴れ間も見えてきた。富士山も見えているが、酷い雲行きだ。昼食は、どうやら正常に取れたが、食欲が出て来ない。イオンモールのスターバックスで、サンドイッチ・フィローネ ホリデー チキンを取る。イオンモールは、火曜市で食品売り場は混んでいたが、スターバックスは空いていた。体調がイマイチなので、無理をして動かず、一日中テレビの前でゴロゴロしていた。天気も晴れるのか曇りになるのかはっきりしない天気だった。ゴロゴロしながら、教え子の同期会を回想して過ごす。先ず、席順をくじ引きで決めたが、私の両隣は、人工透析の患者だった。二人は、私を通り越して、人工透析の話で盛り上がっていた。週に3回か4回かとか、一回の時間は、3時間か、4時間かと議論していた。右隣の透析患者は、肺がんと大腸がんを克服し、現在は腎臓だけが問題だと言う。料理には一切手を付けず、サントリーウィスキーをストレートで半分飲んでいた。あとはカルシュウム剤を飲んでいた。医者の許可を得ていると言う。東京からの送り迎えは薬剤師の娘が担当していると言う。そこまでしてくる価値のある同期会なのか理解できない。左側の透析患者は、料理は、半分ほど手を付けただけで、酒も飲まず、9時ごろ自分で車を運転して北杜市の自宅へ帰った。朝は、私の隣に座った女性は、和室の食堂に、腰掛を持って来ていた。ヒアルロン酸の注射を毎月膝に打つなど、私と膝の痛みで盛り上がった。特に驚いたのは、実質の幹事長が、欠席したことだ。実務の95%をこなしていた事務局長が、奥さんが這って歩く状態になったと言うことで、欠席したことだ。教え子は、多分75才になると思うが障害者が多すぎる。それともそれが普通なのかも知れない。私の家の前のかばん屋さんは、足の故障で歩くのが痛そうで。多分、75歳ぐらいだと思う。私も、吐く事故を起こした以外に、石和の場外馬券売り場近くで、信号無視をしそうになったこと、また、ホテル近くで一方通行を逆走したことなど、問題が多い。慣れない地域では速度を落とすこと、明るいうちに目的地に着くことが必要だと反省した。私は、出席しろと言う電話や手紙が来て五月蠅いから、いやいやながら出席したがそれなりに面白かった。近くのスーパー・セルバにロッテ・バニラバー北海道を買いに行く。タクシーで買い物に来ている人が居た。我が家からは歩いて5分の距離だが、山付きの人達は大変だ。
12日西湖・野鳥公園で撮った富士山をアップする。




[PR]
by kittajp | 2016-11-15 15:26 | 富士山 | Comments(0)
<< イクスタンジの副作用 派手に吐く >>