足裏の浮腫み

b0070657_15162525.jpg
最低気温0.3度、最高気温15.2度、湿度30%。朝の血圧は145/72。朝は晴れている。富士山も良く見えている。洗濯をする。ヒートテックの半袖の下着が無いのに気付く。朝起きてい一番早く気付いたことは、足の裏側に浮腫みが出たことだ。歩きずらいことに驚く。靴が履けなくなってしまうと考え、一時途方に暮れた。困った事だ。
(浮腫みの原因は、「血管が拡張して静脈やリンパによる水分の処理がうまくいかなくなるのでむくみやすくなる」と言う。「むくみがでる原因として腎臓病は最も多く。腎不全、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、心不全、肝硬変、妊娠高血圧症候群、薬剤の使用(ステロイドやホルモン剤など)などでもむくみがみられます。)と言う。
腎臓の検査数値が悪いのは良く担当医から指摘されている。薬剤の使用(ステロイドやホルモン剤など)も長い期間使っているので、その影響は十分に考えられるが、その薬を止めることは出来ない。騙し騙し様子を見る他に手はない。
(「静脈還流障害」の初期症状による場合があります。その血流を助けるために静脈には逆流を防止する弁が備わっています。さらに足の筋肉による筋ポンプ作用によって血流が促されます。下肢で静脈還流が滞ると、下肢静脈内の圧力が上昇し、血管に炎症が起こり、血管内から血管外へ血液の血漿成分(水分)が浸み出て、細胞外に水分が貯留します。これが、下肢のむくみの原因となります。それが慢性化すると,静脈瘤や色素沈着、皮膚潰瘍などになる。と言う。)と言う事だ。
とも角、痛い足の裏を気にしながら、イオンモールに出かける。しかし、靴が足に合ったのか、余り痛みを感じずに行動できた。ただし、帰り道で右足の脛が痛くなった。この痛みは、以前経験した深部静脈血栓症の初期の痛さだ。これも、現在服用している薬の副作用なので、注意して見ているほかはない。昼食は、イオンモールの大戸屋で「大戸屋風チキン南蛮定食」880円を取る。タルタルソースは、一味を隠し味にした南蛮酢と相性抜群で美味しく食べられた。散歩は、6400歩、4.4㎞で浮腫みの影響は殆どなかった。帰り道で、イオンタウンのユニクロに寄って、ヒートテックの半袖下着を買ってきた。フリースのタイツが欲しかったが、上下組み合わせしかなかったので、諦めた。今日、食べた「大戸屋風チキン南蛮定食」をアップする。暖かい日だった。




by kittajp | 2017-12-11 15:17 | 浮腫み
<< ハワイ島の思い出 ふれあい動物園 >>