人気ブログランキング |

ジビエ料理

b0070657_15451277.jpg
野生のニホンジカの急増で、農作物や森林への獣害が増え駆除に努めてきたと言う。駆除数は7年度に2800頭に達しているが、1頭当たりの処分に2万円かかるので、食肉としての有効活用が検討されていると言う。私も1年位前に人家に接した県道で出会ったことがある。大きいものでできれば車を壊したくないので急ブレーキをかけて避けた。少し間を置いてから道を譲ってくれたが、人家まで現れるとは驚いた。ジビエ(狩猟)はと畜場法の規定がなく、食品衛生法の適用しかなく、駆除から処理加工施設搬入までを2時間以内にするなど衛生管理が難しい。丹波山村と富士河口湖町はそれぞれに加工施設を来春には作ると言う。山梨でもジビエ料理の誕生だ。既に、1年前から精進湖で鹿カレーの看板を出しているお店もある。一度味を見る必要があると思っていたが、今日は、そのお店「ことぶき」の前で12時になった。鹿カレー1280円を食べてきた。カレーはジャガイモが跡形もなく崩れ、汁に溶け込み、ザラザラとした舌触り、スパイシーの香りはとっくの昔に消えてしまい、非常に不味いカレーだった。肉は5辺ばかり入っていたが、馬肉の感じで淡白な味だった。今日は、河口湖と西湖では富士山に出会えたが、本栖湖と精進湖では富士山に出会えなかった。風が強く、挨拶が凍りつきそうな寒さだった。帰り道では、眠くなり、買物もせずに直接帰宅して、1時間ほど昼寝をしてしまった。今日、西湖・野鳥公園で撮った富士山をアップする。寒々しい富士山だった。
by kittajp | 2008-12-01 15:59 | 富士山
<< がん闘病記 河口湖マラソン大会 >>